« Gadget Users Niigata 1st Meeting | メイン | T3の復活 »

2010年3月31日

じつに久々にPCを組んだ

ずいぶん前から自作WinPCの具合が微妙に悪くてですね。まぁ思い当たる節はあるので対症療法もできたのですが、ここはどーんとパーツを入れ替えようと。気分もウツウツしてるしな。どーんと行こうよ、どーんと。んで、こんな仕様になりました。

 MotherBoard:ASRock H55M Pro
 CPU:Intel Core i3-530
 CPU Cooler : Scythe SAMURAI ZZ SCSMZ-2000
 Memory:CFD W3U1333Q-2G (2GBx2)
 Video: on board
 Sound:on board
 Ethernet:on board (1Gb Ethernet)
 HDD:HGST HDS721050CLA362(500GB 7200rpm SATA2)
 Optical Drive:SonyNEC Optiarc AD-7170A ※
 上記用IDE-SATA変換基板
 Front I/O Panel with Card Reader : AINEX PF-113CR(5inchベイ内蔵)
 USB2.0 Hub:AINEX HUB-01WH(3.5inchベイ内蔵)
 Case:Owltech OWL-103-Silent(電源は下記に換装) ※
 Power : Scythe KMR4-550A(鎌力4 550W)
 OS:Microsoft Windows7 Professional 64bit

上記で※をつけて色を変えた光学ドライブとケースのみ据え置き。なのでほぼ全リプレースとなりましたと。まぁねえ、それまでがSocket478でSATAも使えないマザーでしたからねえ。

久々の自作ですから、イロイロと浦島であります。上記のラインナップに落ち着くまでにしばらくの間Webや雑誌で勉強いたしました。お、まだ雑誌では「改造バカ一台」続いてるんだねー。

そしてね、感覚も衰えてるんでしょうね。いろいろと失敗もしますよ

一応組み上げて、リテールクーラーの音が大きいのが気になる。んであらたにCPUクーラー買ってきまして換装した。なかなかマザーボードがケースにとりつけられているままですと作業もしづらく、あれやこれや悪戦苦闘しているうち銀入りグリースがはみ出して(たぶん)ショート→マザーボード御昇天。Oh Noではございませんか。泣く泣く同じマザボ買い足しましたですよ。

教訓。CPUクーラーの着脱は意外と手間なので、面倒くさがらずマザーボードをケースから完全に取り出してからやろう。

こんなだす

ま、ね。そんなこともありましたが、もうホント劇的に快適になってそれは満足。以前がPen4 3.4GHzですので動作クロック自体はむしろ下がっているのですが、やっぱねぇ違いますわ。

で、まぁせっかくですからこれからイロイロとWinもいじろうよと、そういうわけでございました。関連でちょっとしたネタが続きますがそれはまた次回。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/903

コメント

うちもまだSocket478&Win2000が稼働してます。
面倒なので壊れるまでこれで行くしか・・

どうもですっ。
不具合さえなければ、ワタシも478のままもうちっといけたんですけどねww

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)