« ぬわんとインプレスTVが | メイン | エイプリル・フールにはまだ早い »

2008年3月27日

著作権のなるほど

自分もPodcastをやっていたりして(最近途切れててすまんですが)、ネット周りの著作権問題には関心があるわけですが(といってそう詳しくもないのですが)、こういう動きがあったのだとか。

ミスター・チルドレンやスピッツら人気バンドの楽曲の著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランス社(JRC)は27日、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を傘下に持つグーグル社と、同サイトでの楽曲使用を認める包括許諾契約を結んだ。

なるほど包括許諾契約。これだとあれですねえYouTubeみたいな巨大なビジネスになった「器」がキモなような気がします。たとえばニフティと契約してココログでの配信なら良いですよ、となるかどうかと想像してみるとね。

あとはPodcastはダウンロードが前提だからそのへんハードルがたかいかな、とも。

いずれにせよ楽曲の著作権だけの許諾だから、そのアーティストの演奏を使うのではなく、たとえば自分で演奏したり歌ったりするわけですね。でもそれだけでも随分違う気が。こういった流れが進んで行くと面白いのかどうなのか。

まあ、まったくはずしてるかもしれませんが。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/841

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)