« 月刊物欲 | メイン | ぬわんとインプレスTVが »

2008年3月19日

バックアップは大事

またまた間が開いてしまいました。charuさんから言及していただいたようなので、こちらでも書こうと思います。

ワタシはいまだにTungsten T3を使っています。買ったのは2005年11月ですが、中古で買いましたので、製造はもっと前、おそらく2003年か04年でしょう。

そろそろいろいろとガタが来ているのかも知れません。先日いじっていたら突然リセットがかかり、それもいわゆるハードリセット。まったくスになってしまったのです。

たいへんに焦りまして。そう言うときはたいがい深夜。深夜にあせって何かするとろくな事はない。SDカードの中になにやらパックアップが残っている。よしっこれでリストアだ。と思ったらそりゃあ以前の初代Tungstenのデータじゃないの。そんなこんなでなにがなにやらわやくちゃに。

おちつけおちつけ。つい数日前に職場のPCではちゃんとHotSyncしたはず。まずはおちついてすべては翌日出勤してからだ。ぐう。

で、翌日。ちゃんとおちつきまして、設定もすべて「PalmDesktopが本体を上書き」にしまして、HotSync。ああよかったほとんどPIMデータは完璧に再現されましたよ。

んがしかしっ。

たとえばワタシ最近減量にはげんでおりましてね。まあその話は今日は良いんだいずれ詳しく書きますが、「血圧手帳」(リンク先はWithPalm)に血圧データとともに日々の体重データも記録していたのです。そのデータが1月末までしか残っていないっ。ひゃあ。

実はですね、結構12月以来順調に減量していまして。右下がりのグラフを眺めるのが継続のモチベーションにもなっていたのです。なのでショック大。血圧データは血圧計に90件までの記録が残っているのでなんとか復元できましたが、体重はダメ。断片的な記録からちょこっとは復元できましたが、派手に虫食い状態です。もおっ。やけになってリバウンドさせちゃうかなっ。

ま、それはそれとして、なぜ1月末などという中途半端な残り方をしていたか。それを冷静になって考えてみた。するとこんなことを発見しました。

職場のPCを入れ替えたのが1月下旬。そしてそれにPalmDesktopを導入したのが1月末でした。そしてBackupフォルダのなかみを見てみますとね、みごとにその時点のタイムスタンプがならんでいる。つまりです、バックアップビットが立っていようが、そしてHotSyncでエラーが出なかろうが、その後一向にバックアップされていなかったというわけですねっ。

なぜこんなことになったのか。実は職場のPCはワタシにとってはじめてのVista。で、PalmDesktopを導入したとき、慣れないなかでいくつかエラーに遭遇していたことを思い出しましたよ。思えばそのためにその後バックアップ「したふり」を続けていたのですねこいつときたら。

PIMはきちんと同期されていたのでこれは盲点でした。PalmDesktopがVistaに対応できていないのかとも思いましたが、インストールし直してみると、問題なく本体でデータをいじればバックアップされていくではありませんか。ああ、こういうことだったのかと。

バックアップは大事です。そして、ちゃんとバックアップされているか確認するのは、もっと大事だと悟りました。

うむ。それよりなにより、いちばんの問題は突然リセットしたこのT3なのではあるまいか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/839

コメント

 バックアップ大変ですね。
バックアップ「したふり」ってのは反則ですよね。

はっきり言ってOS5以降、かなり不安定なのを強引に使っているようなニッポンの状況。
WILLCOMさんあたりが血迷って、PalmOS日本語版なスマートフォン(PHS版)を出さないかと妄想してます。

charuさん、どうもです。まったく大反則ですよ(苦笑)

時代はスマートフォンで、どうしてもそうするとキーボードがつくのですが、どうもワタシはいつまでもグラフィティが好みです。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)