« 衝撃の本 | メイン | かあだだけは大切にしつくあさい »

2007年4月18日

突然動画に目覚める

ワタシはこれまで、PDAなどで動画を持ち歩いて見ることにはあまり積極的ではありませんでした。電車通勤ではないということもあり、また、これまで使っていたPalmで昔ためしてみたKinoma Playerなどがそうそう満足いくものではなかったというのもあります。また、変換の手間が煩わしいというのも。

しかし、時代は変わって来てましたねえ。VideoPodcastも面白そうなものがありますし、PCのスペックもあがって、変換もひと昔前に比べればずいぶん楽に。

じつは[es]に勢いでCorePlayerを導入したのですが、なかなかなものだねえと思っていたところに、最近mixiのPalm関係のコミュでのやりとりにたまたまからんだりもしまして。そうしたらムラムラと動画持ち歩いてみたい欲が。持ち歩くというより、ワタシの場合寝床鑑賞が主かもしれませんが。

で、何を動画用メイン機にするかです。iPodはminiとnanoしか持っておらず、大きなのを買うというのも今はちょっと。[es]を動画メインにするのも、こいつは電話としても使っているので、動画に見入っていてバッテリ切れなんてのはちょっと困ります。

は。Palmがあるではないか。そうだPalmだ。T|T3はPIMに現役なのでやはりバッテリを温存したい。そうすると今も寝床のお供であるTH55が良いのではないか。そうかこれを使えばっ。

てなことでまずCorePlayer for PalmOSを購入。VideoPodcastにはH.264形式の動画も結構使われているのですが、こいつのコーデックがフリーのTCPMPには同梱されなくなったそうなので。そもそももはやAACコーデックも同梱していないのですね。これだと多くのVideoPodcastで音が出ません。なのでまよわず購入。

で、TH55で試してみたところ、軽い動画はまあ良いのですが、ネット配信されているものの中にも、結構高画質なものがあるのですねえ。そんなものはカクカク。再生のクオリティを落としても追いつきません。TH55はハード的に意外と非力でしたな。そもそもあれです。THはNXに比べても低クロックなのでしたねえ。それで標準のムービープレーヤーではそこそこ見れるのですからそれがテクノロジーなのでしたねえ。そんな昔の記憶が。ここのTCPMPでのベンチマークを見ても、NX80なんかの方がまだ良いですよ。おおお。

ならばということでT|T3でも試してみました。CorePlayerのライセンスはHotSyncIDと連動しているので、changenameを使って一時的にIDを替えての実験です。するとT|T3の方がまだマシでしたねえ。うーむうーむ。その気になればライセンスキーの再発行もしてもらえるのでしょうが、しかしこいつを動画機にするのは忍びないのだよなあ。

まあ再変換してぶちこめばTH55でも良いのですけれどね。手間は喰う。なかなかうまくはいかないものですねえ。

T|Xくらいだとなんの問題もないのでしょう。ハード的には、画像動画持ち歩きにはPSPが最強だという悪魔のささやきも(苦笑)。ま、手持ちのハードを活用するならひと手間かけろってことですね。ということを認識したのが最大の収穫でしょうか。

くやしいからガシガシ再変換する。MacBookを使っているのですがiSquintなんかでiPod用に変換すると結構なようですな。しかしやはりH.264形式で圧縮するとTH55には荷が重いよう。なので配信されたVideoPodcastもわざわざmp4に再変換する。ええもうヤケで再変換再変換。なんとかTH55で充分見れる動画スペックの上限も見えて来たような。

TH55で動画

そうしてみるとなかなか良いですね。[es]に比べれば大画面ですし、まあそこそこの動画が楽しめます。これなら長時間でも行けそうですね。バッテリは食いますが。で、どうせ動画変換するなら大きく行こう。ということで定評有るHandBrakeの後継(?)MediaForkも導入。TVを録画した片面一層のDVDがものの一時間で変換されましたよ。今更ながらにMacBookを買って良かったと思った瞬間でありました。

なんか半分くやしいけれど(TH55が非力だったことがね)、半分楽しくて、2GBのMSProDuoを注文した夜であったことでした。

は。どうせ再変換するならフリーのTCPMPで充分だったのでわ。いやいや、なにごとも真実を知るには出費が必要なのだそうなのだそうにきまったうるさいうるさい聞かないぞふんふん。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/798

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)