« 残念だがいたしかたない | メイン | 昭和の香り »

2007年1月25日

Palm OSが消えた日

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川 亨、以下ACCESS)は、米国Palm Trademark Holding Company社における米国PalmSource社(以下PalmSource)の商標の権利を米国Palm, Inc.社に販売する契約に基づき「Palm OS(R)」の名称を「GarnetTM OS」に変更いたしました。それに伴い、PalmSource製品の搭載を表象していたPalm Powered ロゴをACCESS Powered(R)という新しいロゴに刷新いたします。

そうなのか。PalmとPalmSourceが分社して、いろいろあってひとつの帰結。Palmというブランドとそれにまつわるカネのゆくえ、という大人の事情は理解できる気がする。

でもなあ。多くのユーザーにとってPalmとはとりもなおさずPalmOSのことだった筈。それがTreoであれCLIEであれ、VisorであれWorkPadであれ。すくなくともワタシはそう。

そう考えると感無量だなあ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/783

トラックバック

» なんで○○○やねん。。。 from なんでpalmやねん
とらじろうさんのところ経由で知ったこのニュース。 よく分かりませんが、Palmの [Read More]

» 名前を奪おうというのか from 不可解計画
 PalmSource 社を買収したなんとかいう日本企業が、Palm OS を ... [Read More]

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)