« [es]にさわる(モックだけど) | メイン | 久々のオフ会 »

2006年7月16日

歌舞伎三昧

本日(もう日付が変わったので昨日になりましたが)は年に一度松竹の大歌舞伎が新潟にやってくる日。昨年は引っ越し前でバタバタしていたのと、市川海老蔵があまり好みでないのとで行きませんでしたので、2年ぶりということになります。2年前というと当サイトでも書いたように三条・中之島などの大水害の直後の公演でしたが、本日もその2年前を思い出させるような豪雨。

最近は毎年誰かの襲名披露興行が名目となる夏のこの地方巡業、今年は十八代中村勘三郎襲名披露、もちろんメインはその中村勘三郎でした。土曜ということもあり昼の部・夜の部ともに県民会館は超満員。昨年は行けなかったもののほぼ毎年行ってはいるのですが、こんな超満員は近年にないことではないでしょうか。人気のほどがうかがえますね。

昼の部はまず「本朝廿四孝」から「十種香」の場。八重垣姫を中村扇雀、蓑作じつは武田勝頼を中村七之助、そして腰元濡衣は本来中村勘太郎がやる筈だったのですが、例の怪我で休演、代わりに中村芝のぶ、という配役でした。この演目ははじめてまともに見るのですが、八重垣姫はぶっちゃけていえば困った世間知らずのお嬢様。扇雀がかわいらしく演じていました。そして七之助を生の舞台で見たのもはじめてだったのですが、凛としたよく通る声に華のある姿。TVなどで見る限りあまり注目していなかったのですが、なかなかに良いのではないですか。

続いて「口上」。勘三郎・扇雀が相次いで市山流に触れていたのが印象的でした。市山流は幕末以来新潟で継承されている日本舞踊の流派ですが、地方都市における日本舞踊の家元というのはここが唯一だとか参考サイト)。地元でもあまり知られているとはいえず、誇るべき地域の文化を他地域の方に教えられた、という感じですね。

昼の部最後は「身替座禅」。中村勘三郎の山蔭右京、坂東弥十郎の奥方玉の井、片岡亀蔵の太郎冠者といった配役。文句なしに楽しめる喜劇ですが、やはり勘三郎は絶妙。そして登場しただけで笑いが取れる大柄な弥十郎はズルいともいえましょう(笑)。

夜の部は「口上」に続いて「義経千本桜」より「木の実」「小金吾討死」「すし屋」の各段。いがみの権太を中村勘三郎、弥助じつは平維盛を中村扇雀、弥左衛門を坂東弥十郎、お里と、本来勘太郎がやる筈だった主馬小金吾を中村七之助、権太女房小せんを中村芝のぶといった配役。

この芝居、「すし屋」はそれこそこれまで単独で何度も見たけれど、それ以前の場は見たことがありませんでした。しかし「木の実」の場で権太が子どもを背負ったりしているところを見ると、彼の妻子に対する愛情がよくわかって、「すし屋」の場の悲劇がよりいっそう際立ちますね。権太の「小悪党」ぶりも際立って、勘三郎も「すし屋」の場のゆすりよりも「木の実」の場のゆすりの方が生き生きとしていたような。そうそう、弥十郎も単なる田舎オヤジではない存在感があって良かった。(【追記】というか、このみっつで本来の義経千本桜の三段目全体な訳ですか。「すし屋」単独ばかり見ていたので知らなかった…【/追記】)

夜の部はそんなこんなでよく考えて作り込まれた舞台と感じましたが、その中でつくづく悔やまれるのは勘太郎の休演でしょう。七之助も頑張っていたけれど、この構成での小金吾はまさに勘太郎のためにあった筈。「小金吾討死」の場では「新選組!」での藤堂平助の最期に通ずる鬼気迫る小金吾が見れたのではないかと思うと(ファンサービスとしてきっと意識していた筈)、返す返すも残念ですね。

一方で七之助もそうですが、昼の部で代役をやった中村芝のぶも頑張っていたのではないでしょうか。「口上」に登場しなかったので幹部クラスではないのですよね。ちょっと調べてみたら研修生出身とか。昼の濡衣も良かったですし、夜の小せんも味がありました。綺麗ですしね。覚えておきたい役者さんです。

ということで、とても楽しく過ごした一日でした。昼夜ぶっとおしで見たわけですけれど、あっという間でしたね。だれる場がなかったというか、役者さんが(囃子方や浄瑠璃も)ものすごいテンションで集中していた舞台だったのかもしれません。

と、長々としかも良く知りもしないのに偉そうな劇評もどきを書いてきましたが、それもこれも今日の舞台を見ていて、以前いつ何を見たのかまったく忘れかけている、というのに愕然としたからでありました。なんせ以前も新潟で「すし屋」を見た筈だ、というのを途中から思い出し、しかしそれがおぼろげにしか思い出せなかったものですから(あとで調べたら3年前に尾上菊五郎の権太でみていましたね)。当サイトに書いた2年前の舞台は覚えていますので、やはりせっかくの記憶を生かすには「書くこと」が大切だなと思った次第なのです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/736

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)