« TXで録音 | メイン | [es]にさわる(モックだけど) »

2006年7月13日

MacBookがやってきた

先日のエントリで触れました今年の物欲の大本命、MacBookがやってきました。11日火曜日のことなのですが、それ以来暇さえあれば、いや、暇がなくとも力技で暇を作って(おいおい)いじっております。

MacBookとiBookG4

今まで使っていたMacはiBookG4の12インチ。こうして重ねて見るとずいぶん厚みが違います。かなり薄い。このおかげで幅広になったのもあまり気になりませんね。イイ感じ。

転送中

で、そのiBookG4をFireWireで接続して設定やらファイルやらを転送してみたのですが、こうするとユーザーからコンピュータ名から何から何まで引き継がれてしまうのですね。自宅LANのネットワーク内にふたつ同名のコンピュータがあるのもナニなので、いったんまたMacBookをサラにして別名を設定し、その上で再度転送をしました。

いやあ移行アシスタントは実に簡単。なのですがあれこれ余計なものまで転送されて不具合が生じることもあると聞きました。今のところ大きな不具合は無いのですけれど、まあ少し使ってみて何かまずいことがあったら、またサラにしてこんどはちまちま手作業で移していきましょうか。

いまのところ実に快適です。iBookG4(PowerPC800MHz)からはCPUも大幅にグレードアップしましたし、メモリも今回1GBを積みました。iBookG4でもメモリ増設はしていましたが、128+512の640MB。これで音声や画像を扱う重いアプリを動かそうとするとちょっとストレスがあったのですね。Audacityが落ちたことも何度か。しかし今回のMacBookでは、Web閲覧しながら平行して音声処理したりしていてもなんら問題ありません。これ実は重要で、Web見ながらしゃべって録音、なんてスタイルが結構ありますのでね

なんか単にWeb見るだけでも快適ですよ。ワタシ、ブラウザはFireFox派なのですが、ブラウザとしては今や結構重いのがこのFireFox。これが格段にレスポンスがあがりましたし、ひょっとしたらAirMacまわりの環境も良くなっているのかも(同じ部屋で家庭内無線LANに繋げていても強度メーターがひと目盛り違う)。

それになんといってもGarageBand3ですね。これがとてもとても使いたかったのですよ。ま、そりゃiLife'06を買いさえすれば良かったようなものですが、今までのiBookではGB2でも結構ストレスがあったのでねえ、二の足を踏んでいたのでした。やあ楽しい楽しい。Duckingなんかの新機能だけでなく、そもそもレスポンスが快適になったおかげで色々楽しんでいますよ。

ということで猿のようにいじりまくっているのでした。しばらくは猿のままかと思われます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/730

コメント

実は昨日あたりから異常に買いたい熱が高まっていたんですよ。MB。
訪れるんじゃなかった、と、とっても後悔しています。ちなみにkuroの感触はどうですか(^^

ryo-nさん、どうもです。
それは奇遇でしたね。ワタシの暑苦しい熱気が太平洋を越えたのでしょうか(笑)。

感触は良いです。微妙なザラザラ感が心地よい。キーボードも以前のiBookと比べてキートップが低いので見た目は感触が悪そうなのですが、使ってみるとむしろ快適です。皆が言っていることですが。

しかしこれも皆が言っていることですが手の脂で汚れやすいです。というか汚れが目立ちますね。すでにトラックパッドはてかてかしてきています。これがイヤな方は二の足を踏むかもしれません。あるいは使用前に必ず手を拭くとか。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)