« うっかりマイクを買う | メイン | これで最後…にしたい »

2006年6月12日

とまらない

なにかスイデンさんに思いっきり背中を押されているのですが、ご心配なく、ワタシはすでにグズグズです

ついうっかりマイク買ったのは木曜日のことでした。そして一日おいた土曜日、以前からたびたび当サイトでご紹介してきた電子パーツショップ・キョーワ(共和機器)さんに、新装開店後はじめて行くことが出来たのでした。狭くなってしまった店内にひしめくパーツやキット・工具。じーんと来ましたねえ。

そこでキットなんかがぶら下がっている場所に、こんなものを発見してしまったのです。

ボイスチェンジャー

おお、これこれ。これ以前ネットで見つけましてね、秋葉原を探しまわったこともありましたが見つかりませんで、結局UA-3FX買ったという経緯もあったモノです。そうか共立電子のWoderKitシリーズでありましたか。日本橋行けば良かったのかもね。いやいや、それが地元で買えるわけですから素晴らしいです。

そもそもボイスチェンジャとして使えるUA-3FXは持っているし、この基板ちょいと値も張るのですけれど、そもそもご祝儀代わりに何か買おうと思って行ったこともありまして、迷わず購入。

帰宅してからちょいと試してみましたけれど、裸の基板に適当なライン繋げてということもあるのですがノイズがかなり乗りますし音も籠る。まあUA-3FXの素晴らしさを再確認したような結果となりました。これはこれで何かに使おうとは思いますが(ナニに使うのか…という気もする)

ところでこのボイスチェンジャ、入力には給電が必要なコンデンサマイクは使えません。そして先日うっかり買ってしまったマイクをはじめとして、手元にはコンデンサマイクしかありません。じゃあナニで試してみたのか。

ご心配なく。これ買った直後にダイナミックマイクも買いました

先日はすんでのところで踏みとどまったというのに…まあ安物ではあるのですが。でもいいですねダイナミックマイク。高域は伸びませんが素直というか素朴な音で。気に入りました。これからの収録はこれを使いましょうかね。

するとあれですね、アレが欲しくなりますね。

スタジオ然としてきた

そうですねマイクスタンドですね。はい買ってきましたよ日曜日に。これまた安物なのでちょいと可動部のつくりが甘い気がしますがまあ良いでしょう。しかし上の写真でスタジオ然として来たここは自室じゃなくてリビングなのですが。どうしましょう。

とまりません。それぞれが何万円もする機材ならまたアレですが、わりと安物ばかり買っていることもあって、歯止めがきかないのです。以前当サイトのAudioカテゴリは自作スピーカーとか真空管アンプとか、わりと王道を行っていたのですが(それでも低価格路線ではありましたな)、急速にB級録音機材路線にぶれていきつつあります。それで録音しているものがカッパ君とかですからなんというあきれたことでしょうか。

カッパ

あ、マイクをカッパに奪われた(バカと言えましょう)

さて、こんなマイクを買ってしまって、つい最近買ったOHMのマイクはどうするんだよ、と賢明な読者のみなさまならお思いのことでしょう。

ご心配なく。じつはマイクスタンド買ったあと、ハー○オフでiriverのiFP-899を…

いやあ穴のあくほど眺めていたのですが買いませんでした。しかし危ないなあ。さすがに中古だけあって大変に魅力的な価格で出ておりましてね。うーんうーん。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/711

コメント

TBありがとうございます。
なかなかすばらしい方向に進んでいらっしゃるようでなによりでございます。私も、夜徘徊するボケ老人のごとく、すーっとハー○オフに引き寄せられ、気がつくとレジにならんでいたこともしばしば、ほっほっほ・・・。
おおっ!「iFP-899」、我慢できはしないでしょう。なぜなら、iRiver ですよ。iRiverって・・・
愛するのよ川を!いや、私が川なのよ!
川を愛し、川自身とも云える、つまりそれはカッパ君ではないですか!iRiver ってカッパ君だったのですねぇ。
ふっふっふ・・・

なんだか、とらじろうさんが一番走りだしているような気がしますが、いやーいいっすねぇ。(笑)

iRiver iFP-899は、実は昨日見つけたのですよ。
1万ちょいで売っていましたが、
すでにiFP-795を持っていますので買いませんでした。

というか、まずは録音をバンバンしたいと考えています。

さー、カッパ君も週1配信で・・・・。

スイデンさん、さらみさん、どうもです。
あっ愛リバーですか愛川欽也ですか。それはカッパですね。うーむ。なんという背中の押され方でしょう。
そしてこれだけの走り方が配信にすぐ結びつかないところがミソです。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)