« もうひとつの | メイン | 共和機器リスタート秒読み »

2006年5月20日

ネットラジオを聞くなら!

いやあすごいものを教えてもらいました。ソニ☆モバのSPAさんとこで知ったのですが…

ソニ☆モバ: BCL世代な皆さんに捧ぐMacのラジオソフトインプレ(興奮気味)

すごいですよこれ。ネットラジオをMacOSX上で聞くアプリですがまずインターフェイスがこんな感じ。

往年の超高級BCLラジオ、ナショナルのRF-8000(なんせこれ当時60万円したらしい…60万あれば中国製短波ラジオが…ってもういいですかそれは)をベースに、ところどころにスカイセンサーICF-5900をフィーチャーしたデザイン。これだけでも涙が出るのにまあその芸の細かいこと。まずなんとアプリを立ち上げたらまずホワイトノイズが。うわあ。

チューニングダイヤルでプリセットされたネットラジオ局を選局するわけですが、それだけならば誰でもやりそうなこと。こいつは実に芸が細かいのです。まずBFOを効かせるとちゃんとビート音がして、ゼロビートでチューニングがとれます。ファインチューニングダイアルもあります。局間とか、回線状態の都合でバッファが途切れた時などはホワイトノイズが。そしてスケルチをONにするとこのノイズは消えます。うひい。

泣けますねえ。この細かなアナログラジオのシミュレーション。SPAさんならずともラジオファンなら泣きます。必ず泣きます。

ワタシのiBookG4では少し動作が重いな、と思うのですが、まあただネットラジオを聞くだけなら必要ないこれだけの機能を持っているのですから当然でしょうか。その無駄が素晴らしいのですね。遊び心とはこういうものをいうのでしょう。

Macユーザは是非一度お試しアレ。Macユーザでない方はこのためにMacを買っても良いでしょう(そこまでいうか)。下記のサイトで配布しています。サイト名も泣けますね

sinpo55555.com

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/699

コメント

高校の頃、みんなスカイセンサーを持っていたので、アンテナが回るクーガァを買いました。大学生の時に金に困って質屋に入れ流してしまいました。以来、BCLという単語を聞く度に、私の心は鉛色。

スイデンさんどうもです。
おお。ワタシからみたら、少しの間でもクーガ持っていればすでに羨ましい限りです。

僕もスカイセンサーに憧れつつクーガーを買った1人です。
居ても立ってもいられず今回ご紹介の「mRX-8000」を早速ダウンロード。
「もしかしたら‥‥」の希望もむなしく、起動の夢は叶いませんでした。
なぜなら僕のMacはいまだパンサー。
あぁ‥‥やっぱりタイガーじゃなきゃダメか‥‥
実家のどこかに眠ってるかもしれないクーガーでも探しに行ってみるかな‥‥

ネコ科の動物がたくさん登場したコメントでした(笑)

ひげさん、どうもです。
なるほどそこまで環境を選ぶのですねえ。
いやあそれにしてもクーガー派多い。
実は今日関東に来ており、日中秋葉原で中古のクーガーながめていました。

こんにちは~。
お久しぶりです!

いや~。こういうソフト、あるんですね。
最近、すっかりラジオの事を忘れて生活しておりましたが、
私もMACで動かしてみたくなりました。
MAC miniじゃ動かないかな~・・・。

あぁ、私もクーガー持ってました。
と、白状するのが何故か照れます。

Macなぁ...

bunkasabaさん、お久しぶりです。
OSX Tigerさえ動けばなんとかなるのではないでしょうか。

rabeさん、クーガーオーナーの告白が流行っていますね。
MacBookはおすすめです(笑)

この話題に乗り遅れたっ!
私もクーガーでしたね。スピーカーがやたらデカイモデル。ここからBCLだのアマチュア無線が始まり、今に至るわけです。
「mRX-8000」を使いたいところですが、iBookG3でも動くのかな?帰宅したら試してみよう。
ではでは。

SANAIさんどうもです。おおっクーガー組がここにも。

そしてこのアプリはTiger限定のようですが、その他の要求スペックも高かったかも。是非お試しください。

追記: 重複コメント削除しておきました。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)