« SONYでじたばたする | メイン | こんどは真空管 »

2006年2月 5日

亡霊の復活

えーっと、たいしたことをしているわけではありませんが、最近真空管アンプやらなにやらをいじっているのでAudioカテゴリを追加してみました。

で、いつまでも変なソースを鳴らしているのもアンプとスピーカーに申し訳ないので、せめて非圧縮オーディオの音を鳴らしてあげましょうと、屋根裏から学生時代に買ったCDプレイヤーを引っ張り出してきました。今はなき(いやいやあるにはあるんだが…)SANSUIのCD-α317EXという代物。中野駅南口のオーディオ専門店で買った筈。比較的廉価なタイプのものだけれど、当時の自分としては大きな買い物だったなあ(遠い目)。

亡霊のようなCDプレーヤ


宙に浮いているように見えますが、とりあえずラックというか、手元の棚に納めてあるのです。しかし捨てないで居て良かった。四半世紀近い時を経て、とりあえず問題なく快適に鳴ってくれますよ。このアンプとスピーカーにはオーケストラは荷が重い気がしますけれど。【追記】よく考えてみたらこのCD四半世紀は経っていない気が…。その頃に学生で貧乏だったってことは、ワタシ実は結構若いってこと?(謎)【/追記】

あと実はアナログプレーヤーも引っ張り出してきたのですけれど、これはTechnicsのコンポに付いていた物。もっと古いですねえ。高校入学時に買って貰ったような覚えが。これは考えてみたら手元の真空管アンプには直接繋げませんね。PHONOイコライザつきのプリアンプをかまさないと。

しかしそうなるとかなり大袈裟になりますねえ。とりあえずLPを聞くなら、最近はPHONOイコライザ内蔵の手軽で廉価なプレーヤーがいくつか出ているので、そんなのを買ってくるのも手かも。それより何より実家からLP持ってこないと話になりませんが。

という感じで、アンプやスピーカーからはじまって、文字通りお蔵入りになっていた亡霊のような物たちが復活してきています。楽しいですね。

それからおまけ。土曜に手に入れたラジオです。

UFO Radio

UFO Radioだそうで、角の先に付いているLEDは、FMだと緑、AMだと赤が光ります。同調指示かと思いましたがただ無駄に光っているだけです。たぶんスーパー用IC使った物でしょう。感度・選択度はまあまあ普通です。いつもの超強電界の我が家でもそこそこ分離します(そこそこ、というのがちとナニです)。

これ、リサイクルショップで580円で売っていまして、じっと手に取りながら「300円なら買うんだけれど…」としばし悩んでいたのですが、結局買ってしまいました。この手のくだらない形状のラジオって世の中には佃煮にするほどありますので、なるべく手を出さないようにしようと思っていたのですがねぇ。気弱になっていたんでしょうか(気弱って)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/648

コメント

おっ、これですね。中に浮いているというより、棚に挟まって出てこられないデッキの図と言う感じが・・・(笑)

今日sonyラジオ物色の旅に出ます!!
良いの手に入れたら報告します!!

たしかにサイズがはまりすぎて、まるで木の穴から出られなくなったプーさんのようです。

Sonyラジオ良いですねえ。報告楽しみにしています。

びっくりする位Sonyさんのラジオ無かったっす orz
注文なら受け付けると・・・
ちょっと悲しくなって帰って気ました。
注文ならネットで買うよ、って感じです。

おやー無かったですか。新潟ではワタシがよく行くヨドバシ、コジマなどにはSonyの短波ラジオ(主にICF-SW11、ヨドバシにはほかに数種)置いてあるんですけれどねえ。

秋葉原に行ければ、SONYラジオがずらっと並んだ店なんかもあるのですけれど。

まいどーIKUです。
CDP買っちゃいましたね。
私も真空管アンプのお友達に
ポータブルCDPではかわいそうなので、
中古の何故か?
ミニコンポ(5300円なり)を買ってしまいました。
本当は、CDPダケで良かったのですが…

あっ間違った。
>CDP買っちゃいましたね。
では無く、
CDP買っちゃいました。←が正解

こしぱさんが買っちゃったみたいな文章に
なってしまったので、訂正

おおっIKUさんも。次はアナログプレーヤーですね(笑)

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)