« えらいめにあった | メイン | 2005年ももうすぐおわり »

2005年12月25日

真空管ラジオ完成

みなさんメリークリスマスでございます。ワタシ仏教徒ですがまあイベントと言うことで。

昨年のクリスマスイブは何していたかな、と思って過去ログを見ますと、どうやら明石家サンタみながらラジオ作っていましたね。あのラジオはどうしたかと言いますと放置していました。

これはいかんな、と言うことで、土曜はごそごそと半田ごてを握りましたよ。そしてとうとう完成。くうう、苦節一年。うち360日くらいは放置していましたけど。

真空管ラジオ

素っ気ない顔つきですけれどね。これ素晴らしいです。ひいき目かも知れませんけれど、懐かしい感じのぬくもりのある音。実はバーニアダイヤルの上のあたりでマジックアイが光っているのですけれど、ストロボに負けています。詳しいスペックなどはたぶん昨年12月あたりにいろいろ書いていると思うので、気になる方は右のアーカイブスからどうぞ。

光るヒーター

ちょっと暗くしてみました。ヒーターの光が良いですね。マジックアイが光っているのもなんとなくわかります。

ちょっと条件によって発振したり、受信周波数がずれているなど調整が必要な感じですが、じっくりやっていきましょうか。いやあ嬉しい。またラジオ聞く時間が増えそう。

あ。そんなことやっていたらうっかりエアボンチのスペシャルを聞きそびれていました。また今年もこれか。あわててiTunes立ち上げたら、ちんさんがホームレスの方と交流するところでした。おおっゆーまさんがでてきたっ。もっといろんなゲストが出ていたのかなあ。おおおおっ。ラジオ聞いていてラジオ聞きそびれたですよ。

まあいいや。次はアンプだなっ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/631

コメント

(笑)AirBonchi聴くの忘れてた…て、去年も忘れていたのですね
(='m')くすくすっ♪
私は、あわって登録(実は一回も聞いていないので)してたら、当然のごとく聞けませんでしたわ・・・(~_~;)ヾポリポリ
楽しそううな番組なので、今後は聞いていこうと思います。
しかし、ちんさん手広く色々とやっていますね。チャンネル多くて掌握できないです(ーー;)

(ホームレスのところは、ボンチキャストで聞きました)

自称ちんストーカーのワタシですが、エアボンチ聞きそびれるのは病気のようなものです。

毎度~IKUです。
良い雰囲気で渋いっす。
結構欲しいかも…

IKUさんどうもです。このキット、最近は秋葉原などでも販売されています。結構良いですよ。

…と言おうとしたところ、昨日電力増幅段の6AQ5のヒーターが点灯しなくなるというトラブルに見舞われました。球の寿命か配線ミスか。まあ手がかかるのも可愛いですけれど。

はじめまして

自分もこのラジオ作りました。
同じものを製作した方に是非感想をお願いしたいと思い書き込みました、よろしくお願いします。
下記に組み立て中のキットを掲載してあります。
http://www.globetown.net/~radio/repair/Kit/GRS-6.html

たびたび スミセン IKUです。
このキットって秋葉のどの辺で売ってますか?
私のいつもの徘徊コースでは見たこと
無いもんで…
年末に徘徊する予定…あり

はじめまして、内尾さんですね。
ラジオ工房は折にふれ拝見しています。大先輩にコメント頂き、感激しています。

ラジオ工房の掲示板に投稿すればよいのでしょうが、当方ネット上ではゆえあって匿名としていますので、こちらでお答えしますことお許しください。

私が買ったのは昨年で、いろいろとマイナーチェンジがあるようですね。たとえば6AQ5とケミコンの位置ですが、拝見した写真ほど酷くはありませんでした。

添付されている(私の頃は後日メールで送ってもらえました)説明は仰るように丁寧ではありません。特にバリコンのマウントはかなり試行錯誤をしました。実体図だけでは配線がわかりにくい部分もあり、回路図で確認が必須と思えました。そうした点でみても、難易度は高いと感じました。私自身真空管ラジオ製作経験は大昔の子ども時代に一度だけですので、相当苦労したといっても良いかも知れません。その苦労も楽しいのですけれど。ただし当方販売元の方に何度かメールで問い合わせをしましたが、その都度丁寧に返事をいただけました。

現状では上のコメントで書いたように6AQ5がトラブっていますので詳しい確認ができませんが、組んだあとふたつの問題がありました。

ひとつは受信周波数で、新潟ではNHK第2が1593kHzというかなり上の方にあるのですが、バリコンを一杯に抜いてもこれが受信できません。しかしこれは調整によってなんとかなるのかな、と思っています。

もうひとつは発振ですが、ピーというのではなく、ボボボッというかなり低周波(4~5Hzくらい?)のものです。これは放送のない部分ではほぼ全面(ただし周波数の上の方では収まる)に聞こえ、放送を受信するところではおさまります。アンテナリードにさわると少し軽減されます。これはスキルのない当方にはすぐに原因がわからず、じっくりと勉強しながら対策しようかと思っています。

しかしそう思っているところで上のコメントにも書いたように6AQ5のヒーターが点灯しなくなり、あるいはこの発振と関係ある何らかの配線ミスによるものなのか、単に寿命か、悩みつつも替えの球がないので小休止と言うところです。

今後ともラジオ工房で勉強させて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

IKUさん、どうもです。

見かけたのはラジオ会館4階の若松通商、ラジオデパートならびのキョードーだったと思います。ラジオセンター2階のボックスにもあったかもしれません。

ちなみに私が買ったのはヤフオクで、今でも出品されているようです。「超格安六球スーパーラジオ完全キット」で検索すると見つかると思います。

今晩は
コメント有り難うございます。
低周波の発振がありますか、これも不思議な現象ですね。
このキットは魅力的な値段ですが、作るのはベテランで無いと難しいようです。
何とか当方も動作するようになりました。
受信周波数範囲は530~1620は調整で何とかなります。
ただその都度部品が違う可能性があり、全てに当てはまるとは限らないようです。
なおオークションでは25,800円で売られているようです。
情報は下記に記載されていますので参考にしてください。
http://6927.teacup.com/radiokobo/bbs

ありがとうございます。
内尾さんが不思議とおっしゃるからには、この発振は手強そうですね。いずれにせよのんびりといじって行こうと思います。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)