« いまさらのT3 | メイン | もうひとつのこしぱ »

2005年11月28日

SD-Radio2

またご無沙汰していますが、T3はいたって順調。Vis-a-visさんから定番のPDairの革ケースも購入しまして、日々持ち歩いております。初代Tよりひとまわり大きくなった筐体にも、だんだん慣れて来つつあります。

そんな満足した日々の中で、「うーんなにか忘れていることがあるような」という気がしていたのです。そして気がついた。おおそうだSD-Radio2を手に入れなければダメじゃないですか。先日男泣きまでしたというのに

で、シイガイズさんのショップで見てみると在庫切れ。Vis-a-visさんでも在庫切れ。おおっ売れているのですかね。PDA工房さんのところでは在庫がありましたのでさっそくポチっと。ちなみにいずこで買っても税抜き3500円で変わりはないです。倉敷-新潟間は中1日で到着。本当は土曜に着いていたのですが留守にしていまして、手にしたのは日曜の午後でした。

パッケージ

これがパッケージ。ちょいとイラストがナニだと思うのはワタシだけでしょうか。というか、このふたりで燃えるラジオを思い出してしまうのですが。

同梱物

同梱されているのはこんな感じのもの。コントロールソフトやマニュアル(PDF)は8cmCDで提供されています。スロットインタイプのドライブを登載したマシンを母艦にしている方は要注意ですかね(最近のは大丈夫なのかな)。そして附属のステレオイヤホンは約120cmとえらく長いです。鞄の中にPDAを入れておいてもOKという配慮ですかね。

設定画面

Palm用のコントロールソフトは約240kB。これをHotSync一発です。PocketPC用のソフトはリセットが必要なようですが、Palm用はリセットがかかることもありませんでした。設定画面はこれだけ。要はFM放送の周波数帯の設定です。

操作画面

これが操作画面です。マニュアルにも各ボタンの名称くらいしか説明がないのですが、直感的に操作できますので大丈夫です。

上のABCってのがいわゆるバンク。それぞれに6局ずつプリセットできますので、計18局をプリセットできます。左右に並ぶ1-6までの数字がプリセットボタンです。

選局の方法はいくつかあります
。まずちょうど真ん中辺にあるバーをスタイラスでドラッグすると周波数が変わります。また、そのすぐ下の三角形のボタンを押すと0.1MHzずつ上下します(ただワタシの場合、左側の三角をタップしても周波数が変化しませんでした。不具合でしょうかね。まあ実用上そう問題はないのでよいのですが)。また、この列の真ん中のボタンは選局モード切替ボタンで、これをタップして自動モードにすると(赤い表示になる)、左右のボタンで上下にスキャンします。普通はこれがいちばん使う選局方法でしょうね。

放送局を受信したら、左右の1-6の数字をタップしたまましばらくホールドすると、その位置に周波数をプリセットできます。こうしておけばあとはこいつを押して一発選局。まあ、カーラジオの感覚です。

選局関係のボタンの下のスピーカーの絵は、スタイラスで左右にドラッグすると音量が変えられます。

いちばん下段のボタンは、左から電源・ミュート・スクリーンセイバー。電源ボタンを押すと本体のスイッチが切れます。というか、これを押さないと、たとえば他のアプリに切り替えてもラジオは鳴りっぱなしです。真ん中のミュートはまあ説明の必要はないでしょう。右のスクリーンセイバーって何?と思いましたが、これを押すと画面が真っ黒になります。ふたたび液晶面をタップすると復帰します。ただ、描画はしないもののバックライトは点いたままのようですので、バッテリの節約にどれだけ効果があるのかどうかは不明ですね。

全景

はい、使用時の様子はこんな感じです。このタイプのケースだと、装着したままでは蓋が閉まりませんね。それにSDスロットに差す薄い部分の上に厚みのある部分がのっているので、ちょいと大きな力がかかるとバキっといきそうな。満員電車なんかで聞こうという場合は要注意かも知れませんよ。

感度はまあまあ良いよう。ワタシの家では、感度の悪いラジオでは厳しい76.5MHzのFM Kentoが、ちょっと部屋の中を歩き回るとキチンと聞こえる所がありましたので(ま、歩き回る必要はあったのですけれどね)。他のラジオでも問題なく聞こえる他の局は部屋のどこに居ても大丈夫でした。

音質はまあ、イヤホンにも依存するのでしょうけれど、普通に聞けます。ただ、なんですかこの附属のイヤホン、どっちが右でどっちが左かわからないんですれど。これはちょっと大きなマイナス。聞いていて変だなと思ったらそれは左右が逆と言うことです。まあこの辺は別のイヤホンつけるという選択もありますね。あ、いまiPodのイヤホン付けてみたら低音がぐっと良くなった

あとコントロールソフトのインターフェイスがかっこ良くないとか(わかりやすくはあるんですけれどね)、すべてが液晶のタップで操作するようになっているので、せめて音量と選局だけでも5Wayナビが使えると良かったなとか、プリセットした局名を入力できたらいいのに、とか、まあ希望をあげたらきりがないのですが、ラジオバカのとらじろうとしては、Palmでラジオが聴ける、というだけでとてつもなく嬉しいのでした

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/617

トラックバック

» [携帯電脳日記] 晴れ from MOBILE DAILY NEWS blog版
取りあえずの更新。まだまだ全然まわりきれていないが,今日はここまで。 なお,トラックバックは各ページにではなく今日の分はここにさせていただいた。はてなではあ... [Read More]

コメント

こんばんは、おじゃまします。
SDRadioは私にとっても欲しいアイテムのひとつでして昨日モバイルプラザで見つけた時はさんざん悩んだのですが、おっしゃるとおりパッケージのイラストがあまりにナニなので見送ってしまいました。実際Palmでラジオってシチュエーションはあまりないものと思いますが、もう少しかっこよかったら買ってましたね。

はきさん、どうもです。
たしかにこのパッケージは損をしている感じがありますね。
実用的には微妙なものだけに、売るにはイメージ戦略が大事だと思うのですけれど。

初めまして、私もSD-Radio2購入しました。Treo90で使っています。FRISKのケースがちょうど良いサイズで、それに入れています。

hiyoriyaさん、はじめまして。
おお、treo90。そしてFRISKのケースは確かに名案ですね。
SD-Radioを持ち歩こうとするとちょっと困りますものね。
挿しっぱなしはさすがに怖いですしね。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)