« ついに引導が渡されるのか | メイン | 痛恨のフォー »

2005年10月29日

[小ネタ] 痴情に溺れる(違うよ)

とんと更新が飛び飛びになってしまいまして、すまんことこのうえないです。ええと、とりわけ今週はえらいバタバタしていまして。KAPPACASTも、おかげさまで結構楽しめてもらえたようで(紹介していただいた皆様、本当にありがとうございます)、次の配信もしたいところですが、しばしお待ちいただけますよう。

そうこうしているとなんですか、世の中いろいろ動いていますねえ。W-Zero3ですか。WILLCOM本気のスマートフォン。これが呼び水になって日本でもスマートフォンがどんどん出てくる将来を夢見るのは、やはりちっこい電子小物好きとしては当然のところでしょうねえ。しかしあれです、今日になって新iPodは液晶がでかくなったということに気づいたというような体たらくで、なんとなく情報がちぐはぐになっている昨今のとらじろうですので、おニューな電子小物の話題なんぞはなかなか書けなくなっているのでした。このサイトにそんなものを期待されてもなっ(誰も期待していないと思われます)

で、気を取り直して小ネタを書くのです。

昨日家電店でふと並んでいるTVをみたら、なんですか地上波デジタル放送の試験電波なるものが映っていまして。うわっそんなの始まっていたのか、とさっそく帰ってから試験してみましたよ。ええ、試験電波ですからっ。まあ地上波デジタルチューナー付きのテレビなので単にチャンネルあわせるだけですが。

新潟では来年4月から開始されるという地上波デジタル放送。その先行するBSNだけでなく、なんと来年10月から開始の局も含めて全民放局が出していますよ試験電波。いつのまにかこんなことになっていたとは。

で、どの局もデジタルハイビジョンカメラかついで(?)気合い入れて撮ったと思われる県内各地の美しい風景を、BGMとともに流しているのですけれど、これが意外と良くてですね。なんというかきれいなんですよ。高田城の桜とか、笹川流れとか日本海の夕日とか、しぶいところでは石川雲蝶の彫刻とか。しかもただきれいなだけでなく、新潟紹介の映像作品として悪くない出来なのではないかと

おかげでずいぶん長いこと、各局の痴情ちがった地上波デジタルの試験放送をぼーっとながめてしまったとらじろうでありました。

で、小ネタはまだいくつかあるのですが、眠くなってきたのでまた次の機会に。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/608

コメント

日本の美しい風景とかをえんえんと流し続けるような地上波デジタルの番組なんかあると買っちゃうかもなぁー。

え、番組を買う? スポンサーでしょうか。
と、最初みたときマジで思いましたよ。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)