« 今宵もまた | メイン | 小ネタ集 »

2005年7月28日

ラジパ

土用の丑の日ですね。皆様うなぎなどいただいたのでしょうか。ということで今日はちょっとラジオとpalmの話をしたいなと思い立ちました。土用の丑と何の関係があるのかなどと訊かないでくださいね。ワタシにもとんとわかりません。

これまでもポツポツと書いてきましたが、「ラジオ聞くにもpalmは便利」、という話であります。あ。結論が先に出てしまいましたのでこれでおわり。

や、それではあまりにもひどいので書きますけれどね。いくつかにわけてみていきましょう。

1.周波数データベース

ええと、いちばん役に立つのはこれですね。ワタシも中波帯のAM放送局のデータベースを自作して公開しており、またネット上で公開されている短波帯のデータベースをpalmにぶち込んで便利につかっています。この辺は当サイトの以下の記事を参照して頂くと良いかと。

 AMラジオ放送局データベース更新
 短波のDBもPalmで

こいつのメリットは、まずどこでも簡単に参照できること。カーラジオでふと聞こえた国内遠距離中波局などを、ちょいと確認するなどというときに便利です(当然ですが車はキチンと駐車してから確認するべしです)。

また、上記のデータベースはPCでも使えるわけですが、palmにぶち込んでおけばPCを立ち上げる必要がないというのも嬉しいところ。PCは大きな雑音源ですから、ラジオを聞くときには立ち上げたくない場合も多々あるのです。

まあpalmも電子機器ですから、雑音源にならないこともないのです。布団で寝転がってポータブルラジオなんかを聞いているときは、palmを近づけると結構雑音が出ますねえ。手元のモノではTH55よりTungsten Tの方が雑音が大きいような。ともあれ近づけすぎないことですね。

2.受信ログ

palmで確認しながらラジオを聞いていれば、受信ログは当然palmでとるのが便利。普通にメモ帳で十分ですが、探してみると受信ログ用のソフトもあります。これについても当サイトの下記記事参照。

 ラジオとPalm

3.時計

公開されている短波放送のスケジュールなどは、UTC(世界協定時)で時刻が表示されていることが多いようです。これはJST(日本標準時)から9時間を引けばよいので、慣れればすぐに頭の中でも換算できますが、面倒ですよね。また放送局のサイトなどでは、その国の現地時間で記載されていることも。

そこでいわゆる世界時計が手元にあると便利なわけです。palm上の世界時計はいろいろありますし、Tungstenの場合電源OFF状態から5Wayボタンの中央を押して立ち上がるのがそもそも世界時計だったりするのですが、ワタシはWorld Clock DAというDAアプリを便利に使わせて貰っています。DAですから上記の周波数データベースを見ながらでもちょいと立ち上げられますしね。

wclockDA

普通はUTCが確認できればよいので、ロンドン時間を夏時間処理無しで参照できるようにしています。夏時間処理をしないのがキモ。他の世界時計を利用するときにも要注意です。

World Clock DAは作者の寺田さんのサイトで配布されています。感謝です。

4.ラジオのコントロール

最近とんと出番が少なくなってきていますが、ワタシPCでコントロールする広帯域受信機IC-PCR100を持っております。このIC-PCR100/1000をpalmでコントロールするアプリがあるのです。これも下記の過去記事参照。

IC-PCR100

まだ試していませんけれど。やや。上記記事で触れたMac用ソフトの配布ページが消えていますねえ。ううむっ。

5.ラジオを作る

もちろんpalmでラジオを作ることができるワケではありませんが、電子工作にあたってちょいと便利だな、と思うpalmwareはありますよ。たとえば抵抗器のカラーコード読み取りを支援してくれるResistorDA。おお、これも上記寺田さんのサイトで配布されておりますよ。

6.palmをラジオにする

究極といえますが、これを実現するのがシイガイズ社のSD-Radio。当サイトでも以前注目していたのですけれどねえ、だいぶ久しぶりに対応表を見てみると、Tungsten系はすべて×となっておりました(泣)。m5xxとZire71はOKなのだそうですが、なぜZireがOKでTungstenがダメなのでしょうねえ…。

PPCでは使用感のレポートを見たことがある気がしますが、Palmで使っている方っているのでしょうか。

7.ネットラジオを聞く

寂しくなってきたので気を取り直して。電波が飛んでくるラジオだけでなく、近年はネットラジオも花盛り。PodCastの登場で拍車もかかりつつありますね。ワタシも遅ればせながらDOGCASTのおかげでPodCastに目覚めまして、今こんな感じ。

PodCast

あははお粗末。いやあ先日からツトム氏のTomuラジ聞き始めましてね、いいですよ。素晴らしい。ワタシんところにもエロスパムばっかり来るのですが、こーゆーネタになるとは!

そんな愉快なPodCast。iTunesやiPodがなくては聞けないかと思われがちですが、要はmp3ファイルの配信ですからそんなことはないのです。もうご承知の方も多いでしょうが、パーム遍路のオッズさんとこでは、CLIEでPodCastを聞く方法が。通信環境が整っていればCLIE単体で聞けるそうで、素晴らしいですね。ただしビットレートによっては標準のAudio Playerでは聞けないものもあり、別にPocket Tunesなどを導入する必要があるそうです。

【追記】あ。こちらにリンクした方が良かったか…。詳しい聞き方の解説です。【ここまで】

一方ストリーミング形式で配信されているエアボンチについても、このPocket Tunesを使って聞けるというのはみなさんご存じの通り。無線LANの環境などでは威力を発揮するでしょう。

考えてみますとラジオってねえ、もともと遠隔地に情報を伝えるために発達してきたものですよね。そしてポータブルラジオはモバイルの大先輩でありますよ。そう考えてみると、ラジオとPDAは本質的に相性の良いモノなのではありますまいか(無理矢理こじつけてみた)。

ともあれ、もっともっと楽しめそうな、というお話でありました。また何かこんな楽しみ方が、というモノを見つけたら書いていくことにします。

【追記】

自分用の覚え書きということで書こうと思っていたことを書き忘れておりましたが、PodCast対応のネットラジオ探すのには、とりあえずケロログが良いようですね。TomuラジもDOGCASTもこれを使っておりましたよ。

ここは何ですか「電話で音声ファイルの投稿ができる」とか。そりゃすごい。旅先の実況とか、トイレで思いついた小咄とか、即投稿できるのですね。音質はそれなりだそうですが、ともあれすごいなあ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/585

コメント

ハイハイハイ!!(無駄に手を挙げる)

こんばんは。えっと。
えっとご紹介ありがとうございます。カウンタが全くあがらずにすでに投げやり放送と化しておりますtomuラジですが、楽しんでいただける場が広がったのかな?と思うと嬉しいです。

ケロログはすでに「有名人」みたいな、声優さんみたいな人がたくさんいますので、そちらも楽しんで生きましょう-!!

ううむ。AM・FM・短波・ネットとあらゆるラジオをカバーしておられる。残るは端末の売られていない、デジタルラジオぐらいですか。

SD-Radioは面白そう。Palmでの使用レポート、読みたいですねえ。

>ツトムさん

これまでこんなに楽しい世界を知らないでいたのか、と不明を恥じております。
これからもくだらなく語り続けてくださいね。

>オッズさん

デジタルラジオといえば、短波帯のDBの中にはドイチェ・ヴェレなんかのデジタル放送のデータもたしか若干あったかも。

SD-Radioは自分が人柱になるべきだったかな、と思いはじめています。と言ってm5xxは持っていないのですが…。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)