« ウイグルの音 | メイン | 本場で話題? »

2005年7月24日

次はマレーシア

新疆人民広播電台が0300JSTに終わったので、次のBGM候補を探してみると…。

5965kHzで盛んに音楽が流れる局を発見。Radio Malaysiaのマレー語。国内向けの24時間放送。FMが中心だけれど、短波のこの周波数でも同時に放送しているらしいです。Kajang送信の100kw。

実は同局のサイトでストリーミング放送をしていて、この局だと確認できました。こういう確認の仕方もあるのですね。しかしWebのストリーミングで安定して聞けるのに、雑音だらけの電波を敢えて聞くのも酔狂ですね(ストリーミングよりは直接電波で聞く方がどうやら数秒早いのですけれどね)。SINPO=45333~35322くらい? 少しずつ聞こえにくくなってきたかも。

しかしマレーシアのポップスってこういうのなのか。ふうむ新鮮。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/581

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)