« R.Jordan | メイン | Palmでのメールソフト »

2005年6月21日

Musical Baton

ちょっと前からあちこちで見ますこの企画。やって来たらどうしよう…とビクビクしていましたが、がじぇいる。のゆーまさんから渡されました。ここはひとつ、やってみましょうかねえ。

今さらですけれど、この企画は下記のように4つの質問に答えて5人にまわす、というモノ。不幸の手紙というかチェーンメールというか、そんな香りもしますのですが、「止めると不幸になるよ」と言っているわけでもないし、遊びとして気楽に楽しめばよろしいかと。

* Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
* Song playing right now (今聞いている曲)
* The last CD I bought (最後に買ったCD)
* Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
* Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

では、やってみましょうか。

○コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

iTunesでみると4.07GB。この他にリアルメディア形式のファイルがあるのですが、あわせても5GB以下でしょうか。こんなモンですかねえ。リッピングしていないCDも多いので。

○今聴いている曲

9525kHzのVoice of Indonesiaで名も知らぬインドネシア・ポップを聞いているのですが、それじゃダメですか…。

ではここはひとつ、iTunesをシャッフルして流してみましょう。こんなん出ましたよ。

Greatest Hits: Beautiful Sunday
Daniel Boone
Repertoire (1999/02/08)
売り上げランキング: 120,100

うへぇ。思わずびゅ。びゅ。びゅーてぃふるさーんでーっと歌ってしまったじゃないですか。古すぎる…えと、上記CDは適当に検索したので、このベスト版を持っているわけではないです。

○最後に買ったCD

恥を忍んでお教えしましょう。実はこれです。

BIBLE
BIBLE
posted with amazlet at 05.06.21
松田聖子
ソニーミュージックエンタテインメント (1991/12/01)
売り上げランキング: 6,198

えーと、連休に名古屋に行ったとき大須の中古屋でふと見つけたので。いやあ、この企画が自分にまわってきたらどうしよう、とドキドキしていたのは、実はこれが最後に買ったものだからなんですね。思わず「自分にまわってくる前に、なにかもっと渋くて大人の香りのするCDを買ってこようか」などと本末転倒なことを考えたくらいです

○よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

まずはマジメ編

1.QUEEN "Love of My Life"

洋楽に疎いワタシでもどっぷりとはまったのがクイーンなのですが、今は亡きフレディーの切ない歌声を堪能するならこれでしょうか。昔行った追悼ライブで、ライブ版さながら客席みんなで一緒に歌ったのが思い出されます。嗚呼。

アルバムとしては例えば下記に収録

オペラ座の夜(紙ジャケット仕様)
クイーン
東芝EMI (2004/02/11)
売り上げランキング: 4,229


2.坂本龍一 "Parolibre"

じつにシンプルかつ素敵な曲。天上の世界を思わせるので、自分の葬式にはこいつをかけて欲しいとつねづね言っていたのだけれど、待ちきれずに自分の結婚披露宴で使ってしまった(爆)

アルバムとしては例えば下記に収録

未来派野郎
未来派野郎
posted with amazlet at 05.06.21
坂本龍一
ミディ (1993/09/21)
売り上げランキング: 8,632


3.ドヴォルザーク "交響曲第9番ホ短調「新世界より」"

ワタシが本格的にクラシックに目覚めた思い出の曲です。思えば当たり前の入門編なのですが、全4楽章を、それこそレコードがすり切れるほど繰り返し繰り返し聞いていました。とくに小学6年の夏にはなにか毎日聞いていたような気がします。

その後「いまさら新世界なんて」というたちの悪いスノビズムであまり聞いていないけれど、いまでもたまに聞くと、当時住んでいた福島盆地の夏の空の色や、風のにおいや、これをかけていた真空管式「電蓄」の少しほこりっぽいにおいや…そんな色々なモノを思い出して泣けてきます。

収録アルバムは…まぁいいですよね。


4.上原知子 "黄金三星"

琉球民謡や琉球ポップはなかなか好きで、何をあげて良いか迷うのですが、どうも今回のリストはしっとりした感じになっているので、これをあげました。

りんけんバンドメンバーで照屋林賢の妻である彼女の声は、もうなんというか信じられない声ですね。太く張りがあって、しかもどこまでも透き通っている…。うっとりするそんな彼女の声の魅力が存分に聞けるこの曲。黄金三星(くがにみちぶぅし)とは、オリオン座の三つ星のこと。たしかもともとはオリオンビールのCMソングだったのではなかったでしょうか。

アルバムとしては例えば下記に収録

あじまぁのウタ
あじまぁのウタ
posted with amazlet at 05.06.21
上原知子/りんけんバンド
インディペンデントレーベル (2003/06/25)
売り上げランキング: 30,660


5.Crazy Ken Band "本牧ビーチ・フィールド"

ドラマ「タイガー&ドラゴン」のヒットでまたクレイジー・ケン・バンドが流行ってきているようですが、少しまえからポツポツとアルバムを揃えておりました。いやあこの曲なんか、車で走っているときに流れてくると泣いてしまいます。横山剣の歌声はなんかピュアなんですよね。その他にアルバム「777」の"横顔"なんかもオススメ。

なにか「ピュアで泣ける歌声特集」になってしまいましたかね(インストゥルメンタルの2曲のぞく。でもそれらも泣ける曲)。

収録アルバムは下記

クレイジーケンズ・ワールド
クレイジーケンバンド
サブスタンス (2003/05/21)
売り上げランキング: 10,865


さて、続いて「ネタ編」(そんなのやる必要あるのか)

1.勝手に観光協会 "野球坊ちゃん"

みうらじゅんと安斎肇が旅をしながら勝手にご当地ソングを作るという馬鹿馬鹿しい企画のユニット。これはもちろん愛媛県のご当地ソングです。CD化に際してレコーディングされたバージョンよりは、以前ネットで公開されていた「リョカ録(旅館での生録音)」版の方がより馬鹿馬鹿しくて良いのですがねえ…。

なおこの"野球坊ちゃん"はVol2に収録されているのですが、Vol1の"上州の風"も名曲です。安斎肇の美声に惚れます。関越道を走っていてトンネルを抜けて群馬県にはいると、思わず「じょうしゅうーのかぜえー」と歌ってしまいます。

収録アルバムは下記

勝手に観光協会 vol.2(通常盤)
みうらじゅん&安齋肇
エル・ディー・アンド・ケイ (2004/12/15)
売り上げランキング: 22,257


2.みうらじゅん "勇気1974"

みうらじゅんばかり取りあげても仕方ないのですが、これはすごすぎる、ということで。みうらじゅんいうところの「DT」の妄想があふれてこんがらがっています。1974とあるとおり、高校生の三浦純少年の自作自演。だまされたと思って聞いてみてください。たぶん、頭が腐りますが

でも、みうらじゅんの自作曲って、実は良い曲もあるんですよ。"おばあちゃんありがとう"とか。いや、間違ってました。"おばあちゃんお元気で"でしたね、たぶん(たぶん?)。

収録アルバム?は下記

DTF [童貞編]
DTF [童貞編]
posted with amazlet at 05.06.21
バップ (2004/05/26)
売り上げランキング: 15,572


3.朝鮮人民軍功勲国家合唱団 "あなたがいなければ祖国もない(??? ???, ??? ??)"

政治的な話をするつもりはありません。朝鮮中央放送でもしばしば流れる、金正日将軍をたたえる歌ですが、歌詞も曲も演奏も、そのものすごさにただただ圧倒されます。ネット上を探すと、これのミュージックビデオ(揶揄して作ったFlashなどではない)も見つかりますが、いやすごい。伴奏のオケのボウイング、ありゃあ何ですかねえいったい。

ふと気がつくと「タンシニオプスミョン…」と口ずさんでしまったりします。いやあ困った。

収録アルバム、なんてあるのでしょうか? ネット上で検索してみるとファイルは見つかるかも。 →CDありますね、たぶん。神保町のレインボー通商なんかで手に入りそうですね。


4."ハローソフマップワールド"

ええ、確かに良く聞く曲ですよね(ああっ石を投げないで)。でもなぜかワタシのiTunesに入っていて、iPod miniにも転送されています。これが車内でかかると、その後脳内から離れなくなるので困ります。

えと、これ探したら下記アルバムに収録。このCDすごいですよ。買おうかな。

エレクトリックパーク
CMソング 桜井順 伊藤アキラ 大嶋繁 夢野萌 山川啓介
ポニーキャニオン (2004/11/17)
売り上げランキング: 2,975


5.石川進・曽我町子 "オバQ音頭"

アニメソング数あれど、最近脳内で勝手に響いてきてしまう曲のNo1はなんといってもこの曲ですよ。脳天気さは抜群。さあ、みなさんいっしょに「キュキュキュのキュ」。

収録アルバムはたとえばこんなの

東京ムービーアンソロジー(1)1964~1972
テレビ主題歌 上高田少年合唱団 石川進 曽根町子 三輪勝恵
トライエム (2001/03/23)
売り上げランキング: 34,118


とまぁこんな感じですか。なかなか楽しめましたが時間かかりましたねえ(ネタ編なんそやっているからだという気が…)。

さてバトンを渡す5人ですが、相手の負担になってもナニなのでメールやトラックバックもリンクも無しで、ここにひっそり書いておきましょう。もちろん「不幸の手紙」じゃないですから、無視するのも、自分は書くけれども次にまわさないで止めるのも自由ですよ。まぁ気が向いたらお気軽にどうぞ。ということで。

と、思ってココに5人書いていたのだけれど、やっぱイヤな気持ちになる人もいるのだな、ということで、考え直して止めます。申し訳なかった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/562

トラックバック

» Musical Baton がやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ! from Yashi-An Blog
勝手にバナー使わせてもらいます(^^) とうとう来たんですよ。私のところにも(^^) 今流行りの あれ です。フフフっ。 いやー、... [Read More]

コメント

あ。やめてる。
ちぇ。(笑)

いや、どうもその、困ったな。
名前も挙げずに、引き取りたい方は自由に引き取ってください、とでも言った方が良かったかな、とも思う今日この頃。

消えちゃってますが、受け取っちゃいました。
私は指名してもらってうれしかったクチです(^^)

そうるFさんどうもです。
まさに人それぞれですからねえ。
渾身のエントリ拝見しました。さすが気合いが違うなあ。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)