« いろいろな言語を聞く2 | メイン | いろいろな言語を聞く3 »

2005年4月28日

それは少し違うが

各所で同様の突っ込みが続出すると思うのですが、こういう記事がありまして。

40代前後の世代には懐かしい初代ウルトラマンと一緒に怪獣と戦う気分を味わえるアトラクションが、このゴールデンウイークから国内の遊園地やテーマパークに登場する。

ううむ。「40代前後の世代」であるワタシにとりまして、まさに大変に琴線に触れるアトラクションであります。しかし「40歳前後」ではないのか。「40代前後」では30代~50代という30年もの年代幅になってわけわからないのではありますまいか

まあそれはいいとして(あまり良くないが)何よりおかしいのはこの見出し。なにせ…

客は、科学特捜隊の「ジェットビートル」に乗り、映像に出てくるバルタン星人、ゴモラといった人気怪獣に、ウルトラマンとともに立ち向かう設定を体験する。

そういうことなら「科特隊員」になって怪獣と戦う、のではあるまいか。ワタシなどは見出しだけ見た段階で、「ぬいぐるみを着せてもらえるのだろうか」とワクワクしてしまったではないですか。頼むよ整理部さん。

しかしそうではあっても気になるアトラクションではあります。お父さんを狙い撃ち、ということなのでしょう。白浜エネルギーランドか。ちょっと行きたい気が。でも子供居ないんですよワタシ。おじさんたちだけで乗りにいくツアーもありですか?

【追記】

まあ「40代前後」には「30代後半から40代」くらいの意味合いを込めたかったのでしょう。上で書いたのは言いがかりでありましたね。でも見出しは変だよ。記事を書いたのはまさに40代の記者、見出しを付けたのは科特隊やジェットビートルといってもピンと来ない30代前半以下の整理部員、校閲も同様の50代、という流れでは。まあ妄想ですけれどね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/524

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)