« PiloWebの設定をいじる | メイン | あいつがやってきた! »

2005年3月31日

格安短波ラジオの実力

先日紹介した格安短波ラジオRAD-S311N。おもしろがっていじっているのですが、昨日こんな経験をしました。

5MHzあたりで日本語の放送が聞こえます。あれぇどこかなぁと思ってしばらく聞いていると、なんと日本企業のCMが入るじゃないですか。ええっと一瞬驚いた。

考えてみたら何のことはない、6055kHzのラジオNIKKEIのイメージが出ていたんですね。仮に中間周波数455kHzとすれば2倍の910kHz下は5145kHz ですから納得です。

そこでDE1103でも確認してみました。DE1103の第二中間周波数は450kHzなので5155kHzに出るはずですが、確認できません。ダブルスーパーの割にイメージが出ると評されてはいるものの、RAD-S311Nよりは良いという結果ですね。

まあこの辺が格安ラジオの格安たるゆえんでしょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/511

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)