« AMラジオ放送局データベース更新 | メイン | CLIE用のBluetoothアダプタ発売! »

2005年3月22日

バチカン放送を聞く

日々DE1103をいじっておりますが、昨夜とても懐かしい音を聞きました。バチカン放送のインターバル・シグナル(IS 放送開始時等に流れる短い音楽)です。

いやあバチカン放送。なんとも懐かしいです。すでに廃止されているのですが、かつてその日本語放送はとても人気がありました。遠くヨーロッパから直接届く(アジアに中継局があるわけでない)というのが良かったのでしょうかね。それほど受信が難しい局ではないという話だったと思うのですが、ラジカセで細々と短波を聞いていた少年時代のワタシにとっては、ちょっとレベルが高かったように覚えています。

それでも友人から借りてダビングした「IS集」みたいなソノシートの音源で、その音楽は耳に染みついていました。一度か二度、実際に受信できてえらく感動した覚えがあります。

まさにその音楽が聞こえてきたのでした。弦とハープをバックにしたビブラフォンかなにかのあの音楽。うわぁバチカンだよ、と思わず声を上げてしまいました。

7365kHz。何語だかわからなかったのですが、WRTHによると日本時間02:40から03:00までがウクライナ語、03:00から03:20までがベラルーシ語のプログラム。その切り替わるところを聞いたわけです。

いやあなんか懐かしくてしみじみしてしまいましたよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/503

コメント

とらじろうさん、おはようございます。バチカンは朝07:00からの中国語(9600KHz) が比較的受信しやすいです。CRI(中国)が直前まで出てますが終了後ISが聞けますよ。放送自体は中国語でバチカンという雰囲気はないですけど。(笑)

中波DBいただきました。Edgeと30Jにぶち込んでます。

サケさんどうもです。いやあ7時ですか。なんかラジオ聞いてる場合じゃない時間ですが。休日にでもためしてみます。ありがとうございます。

お晩でございます。
バチカンですか? その昔、受信報告書なるものを送るとベリカード
が貰えたんですが(いまもあるのかな?)
英語がまずかったのか、バチカンからはついぞ返ってきませんでした
ねぇ‥‥
それにしても日本語放送は軒並み無くなってますなぁ‥‥
ラジオオーストラリアのワライカワセミが聞きたかった。(残念!)

徳さん、どうもです。
やや。それは苦い思い出ですね。
Rオーストラリア、英語放送は結構聞こえますが、もう笑いカワセミじゃないんですよね。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)