« 英語Palmの日本語化 | メイン | PUM2005 in Tokyo »

2005年2月25日

DE1103でアマチュア無線を聞く

本日の夕方、なんとなく中国製ラジオDE1103で7MHz帯のアマチュアバンドを聞いてみたのです。購入当初に聞いてみたときは、まったく交信が聞こえなくて、ああ、アマチュア無線も寂しくなったもんだなぁ…と思ったものですが、何ですか今日は大変に賑わっております

これはあれですかね、何かのコンテストがあるのかな、と思ったのですがそうでもなさそう。平日ですし。すると考えられるのは、年末年始頃と比べて伝播状態が変わってきたのですかね。時間帯、ということもあるのでしょう。

そしてもっとも考えられるのは、今までは何でもかんでもアンテナ繋げば良いだろうと言うことで、外部アンテナ(といっても付属のワイヤ)を繋いでいたわけですが、今日はロッドアンテナのみ。どうも中途半端な外部アンテナ繋ぐと、私の環境では雑音ばかり拾って、微弱なアマチュアの電波などは押しつぶされてしまうよう。ええ、今日も実験したら見事に押しつぶされてます。つまりはロッドアンテナのみの方が格段に良く聞こえます。アンテナ繋げば良いってもんじゃありませんな。ちょっと目から鱗が。

久しぶりですので面白かった。電波法に触れるので内容は書けませんが、高校のクラブ局なんかも出ていて、おおっ今の若者でも無線をやるヤツが居るんだなあ、と熱い涙。

しかしあれです。DE1103、SSBもきちんと復調できて結構ですね。昔々真空管のボロいリグで無線をやっていた頃は、BFOが不安定で時間とともにまともに復調できなくなっていったり、そもそもVFOが不安定でターゲットの局がどんどんどこかへ行ってしまったり、といったことが良くあったものですが(それはひどいな、とお思いでしょうがそうだったのです)。長く聞いていてもそんなことはありませんね。当然かも知れませんが。

18時過ぎた頃から7MHz帯はあまり聞こえなくなってきました。やはり時間帯による伝播状況なのでしょうかね(ノイズがひどくなった、てのもありますが)。3.5MHz帯に降りたらノイズも少なくまた結構聞こえます。ちなみに14MHz帯、21MHz帯では残念ながらアマチュア局の交信を確認できませんでした。

しかし良かった良かった。アマチュア無線が健在なのを確認できて(ま、廃れきってはいない、という程度であるのでしょうが)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/487

コメント

お晩でございます、秋津島の徳です。
アマチュア無線とラジオってことで、ついフラフラと‥‥
(釣られてますか、私‥‥釣られてますね)
私がどっぷり無線にハマっていた頃は 7MHz 帯、21MHz 帯は人気が
高くて大混雑でしたが‥‥今はそんな状況なんですねぇ‥‥
14MHz 帯は2級の免許(今のライセンスがどうなってるか知らないけど‥‥)を
持ってないと交信できなかったと記憶しております。
それにしても‥‥DE1103 は良い買い物でしたね。
今もヤクオフの方に出てますし、う?ん‥‥同じのかっちゃおうかなぁ‥‥(いろいろ検討ちうです)

ああ、私も昨日同じことを思っておりました。

というか、7MHzを聞いたところcwが結構聞こえます!
私が聞き取れない和文も!(汗)。

そんなこんなで、アマ無線も結構やっている人がいるんだな
と、DE1103で聞いて思ったのでありましたよ。

徳さん、bunkasabaさん、どうもです。

通信機の選択度にはさすがに劣るから、ということもありますが、7MHz帯は結構混雑して聞こえましたよ。そんな中でもBFOを調節すれば目的の波だけクリアになる、というのはやはりSSBの利点だと感じました。

CWも結構聞こえますね。ワタシは電信級(現3アマ)の免許を持っているはずなのですが、和文どころか欧文もすっかり抜け落ちています(苦笑)

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)