« 水の都のカッパたち | メイン | 長岡発金沢経由大阪行き »

2005年2月18日

進化しているのだねぇ

火・水・木と東京出張だったこともあって、ちょっとご無沙汰しました。この間、愛機Tungsten Tとともに新しい相棒TH55も持って行き、結構使っていたのですが、なかなか感心することばかりです。

たとえばまずバッテリの保ちが実に良い。日曜くらいにフル充電したままの状態で出掛けて、東京駅などのホットスポットで総計30分ほどネット接続し、三日間電車の中などでかなりDocを読み、特に帰りの新幹線などでは連続してひたすらDocを読みふけっていて、帰宅した段階で70%程度の残量。むかし最初にN600Cを買った当初、喜んで出張に持って行ったら、やはり新幹線でDoc読みふけっていて初日でアラートが出て焦ったのが夢のよう。バッテリの保ちというのはPDAにとって基本的な部分なわけですから、実に嬉しいですね。

あと出張中秋葉原に寄って、SanDiskのメモステPRO Duo(アダプタ付)256MBをなかなか格安で手に入れたのですが、先ほどNX73Vで使っていたメモステから中身をコピーしたのですね。どうやら手持ちのカードリーダー/ライターがメモステPROに対応していないらしくて、「しょうがねーなー」と言いながらCLIE用のData Export/Inportのお世話に。何がしょうがねぇのかというと、昔それこそN600Cの時代に転送がえらく遅かった記憶があって、つかえねえアプリだと思いこんでいましたから。そしたらあなた速いのなんの。己が不明を恥じました。

先日NetFrontのことも書いたのですが、どうもじわじわといろんな所が進化していたのですね。クリオガとか(結局まだ使っていない)、目をひく所だけでなく。新しい機能は要らん、というヒトでも、上に書いたバッテリとか、そういうベーシックな部分が進化するのは嬉しいですもんねぇ。

この進化はここで止まるのかなぁ。残念ですよねぇ。

ちなみに新しい機種がやってくると今までの電子機器がへそを曲げるというのはよくある話ですが、先日Tungstenのバッテリがトラブりまして。ハードリセット後なんとか持ち直したのですが、それでも先々怖いので、内蔵バッテリどうしようかなぁ、と考えていたところだったのです。

そして木曜日。モバイルプラザにも行きましてTH55/E1の在庫を物欲しそうに眺めたりしつつ、結局TH55に貼るOverlay Brilliantとか買って会計をしているとき、ふと見上げたら、各機種用の内蔵バッテリがカウンタの後ろの方に大量にぶら下がっているではないですか。ああ、これがあったよ…でももう金もない。悩んでる時間もない。ということで今回は購入に至りませんでした。

来月も東京出張あるから買っておきましょうかねえバッテリ。自分で開腹するのは経験がなくて不安ですが、幸い錚々たるKAIZO師の方々と最近お近づきになれていることもあるので、初代T|T開腹オフなんてのを口実にお願いできそうな…。

と、話がずれていきましたが、そうそう、ズレついでにもう今日の晩はNi:PUG長岡オフ。地元の人間だけでなく、首都圏方面からこんな方こんな方が参戦してくるということで、なかなか楽しそうであります。で、ワタシその後PUGOへ向かいます。ええ、ここでさんざん他人を煽った責任をきちんと取らせていただきますよ。

てなことで、どうもまとまりがありませんが、つまりはなんか今更のように初々しくPalmと接しているとらじろうなのだよ、ということなのでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)