« うれしいこと | メイン | ラジオの日々 »

2005年1月21日

iPodと真空管

えと、すみませんが便宜的にラジオカテゴリで。さきほど新潟市内の書店でこんな本を見つけたのでした。

iPodで楽しむ組み立て真空管アンプ
米田 聡
ソフトバンクパブリッシング (2004/12)
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4
5 写真の通りにやれば作れちゃう
3 自作してみたい気になる本


中身はエレキットのTU-870をはじめとした真空管アンプキットの非常に丁寧な製作解説。実に懇切丁寧で、真空管というより電子工作自体未経験な人でもOKな雰囲気。アンプ製作記事なのだからソースはなんでも良いはずなのだけれど、あえてiPodを前面に出す。ああ、こういう便乗の仕方もあるのだとちょっと感心。

考えてみたらiPodとTU-870の組み合わせって、眠っていた私の電子工作熱に火をつけた秋津島の徳さんの記事(このへんの下のほうとか)そのままですねぇ。アナログ・ディスクじゃなきゃあかんでしょ、とか言わないところが結構。こういうところから広がっていくとおもしろいですね。

しかし立ち読みをしただけで私はこの本買わず。代わりに買ったのはこんな本だったりする…

よくわかる最新電波と周波数の基本と仕組み―意外に知られていない周波数のひみつ
吉村 和昭 倉持 内武 安居院 猛
秀和システム (2004/11)
売り上げランキング: 53,182
通常3日間以内に発送


あはは。やっぱラジオだわ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/442

トラックバック

» iPod向け真空管アンプスピーカーシステム from 原宿テレビ
独GOLDSTAR AUDIO社製iPod用の真空管オーディオアンプ+スピーカー [Read More]

コメント

お晩でございます、秋津島です。

また‥‥なんとピンポイントな本でしょうか‥‥
名指しで「買え!」と言われいるような気さえします。

キットの制作解説って事で‥私見ですが、ちと物足りないかな‥
(タイトルと表紙だけで言うのは早計かもしれませんが)
ま、間違いなく見かけたら手に取ることでしょう。

ああ‥表紙に写ってるのは新発売の TU-880 ですね。
秋葉で見かける度に物欲衝動買虫が、ひくっとしますが、
それとは別に短波の入るラジオが欲しい病が発病中です。
(ラ博で、とらじろうさんが見せてくれたラジオの影響‥‥)

どうもです。ええ、本の向こうに徳さんの顔が透けて見えました(笑)。

内容は、仰るとおり徳さんには物足りないと思います。
いろいろちょっとした小技の紹介もあるみたいでしたが、
基本は入門というか、真空管アンプの世界に新規参入者を呼び込もうという
コンセプトで企画された本のようです。

ちなみに今日は、やっと時間をつくって真空管ラジオの続きに手をつけました。
しかしまだ完成していません(いま休憩中)。
あと数日かかるかも…

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)