« 今年最初の買い物 | メイン | フィッシング詐欺 »

2005年1月 4日

カーラジオで遠距離受信

田舎暮らしの常として毎日のように自動車に乗るワタシであります。iPod miniを車載して長距離ドライブのお供にすることもありますが、常日頃はもっぱらラジオをかけております。で、だいたいが地元の民放FM局だったのですね。

ところが先日、ふと思い立ってAMに変え、チューニングをしてみて驚いた。なんと昼間から他県の放送が入って来るではありませんか。他県といっても近隣ですが、それでも774kHzのNHK秋田第2、936kHzの秋田放送、1503kHzのNHK秋田第1などは、実用上問題なく聞けます。なかでも海上向け、そして近隣国の局との混信対策として、そうとうに出力が大きいNHK秋田第2などは、ほとんどローカルなみですね。918kHzの山形放送も入りますが、やや弱いです。どうも新潟市周辺からは秋田方面に伝播のルートが開けているよう。

これが夜ともなると大変です。ロシアや韓国・北朝鮮、中国の局も入ってきます。いや、たかがカーラジオがこれほどとは思わなかった。そして車で走りながら遠距離の弱い電波を聞いていると、雑音源や電波がシールドされてしまう環境などがよくわかるというメリットも。たとえば繁華街や鉄道の近くはけっこうなノイズがのることがよくわかります。

夜間はキー局作成の番組をよく流す地方民放も、昼間はローカル色豊かな番組が多く聞けます。最近は面白がって、秋田放送などをききながら走っているワタシであります。いままで考えもしなかったカーラジオでの遠距離受信。なかなか楽しいですよ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/434

コメント

ラジオ記事連発で嬉しいです♪(笑)

車載ラジオは、地形や市街地でのビル群などによる受信障害の影響を軽減するため、意図的に感度を高めてあるという話を、どこかで読んだことがあります。
感度を高めるというよりも、DXingなどそれ向けの受信機では元々の高感度を抑えてあるらしいので、車載ラジオでも感度をあまり抑制していないということでしょう。
廃車にするときカーラジオだけ取り外して自宅で使ったり、スクラップ屋さんでもらってきたりして使うという人もいるそうです。
もっともその場合別途アンテナを立てなければならないかもしれませんが。

FMでの話ですが、日本各地にできた低出力コミュニティ局も、車で移動中のときは周りよりほんの少し高いだけの丘の上などで、意外なほど遠距離の局を聴くことができたりします。

moondialさん、どうもです。楽しんで頂けて嬉しいです。
なるほどカーラジオはそもそも感度が良いのですね。
確かにいろいろなところを走るわけですから、納得できます。

それにおっしゃるように、車での遠距離受信は、
手軽に小高いところに移動できる利点がありますね。
当方のAMでの受信も、田んぼの真ん中を走る
高架のバイパスなどを走行しているときが、
もっとも快適です。

私もAMラジオ愛聴者です。 "^_^"

チューナーには新潟隣接県の民放がセットされていますので、偶に気が向くと新潟市内にいるときも聴いていますヨ。

日中は富山のKNBが面白いです。

PS:長野と福島は周波数一緒なんですよ。
日によって新潟市内では凄く混線します。

PS2:雪の日には北海道放送も入りやすいです。

うわー、これじゃ私AMラジオオタクみたい…

charuさん、どうもです。
おおっ意外な近くにお仲間が。嬉しいです。
今日も長岡に出掛けたのですが、
行きはなんと韓国のKBS(韓国語聴いて分からないけれど、雰囲気だけ)
帰りは秋田放送を聴いてました。

>うわー、これじゃ私AMラジオオタクみたい…

あはは。オフ会で是非ラジオ談義をしましょう。

カーラジオの感度がいいのは、雑音源の多い場所から手軽に電波上のロケーションのいいところに移動できることもそうですが、災害時や高速道路の道路情報の放送などを聞き落とすことのないようにという意図もあるそうです。命にかかわる情報ですからね。

ちゃんぽんさん、どうもです。
なるほどいろいろな意図があるのですね。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)