« 衝撃的な一冊 | メイン | コメントスパム »

2004年10月12日

マイベストPalm

少しあいだが開きました。今日というか10/11はちと日帰りで仙台に行ってきまして、利久中央通り店で牛タン食って帰ってきました。

で、あと数時間後には東京出張。えーといつもこんなことを言っていますが、今回もバタバタする予感ですので、迎撃強要依頼は無しで。すいません、また来月にでもお願いします。

さて、そこでマイベストPalmです(唐突だな)。ええ、ここ数日各所で盛りあがっているですね。大もとはデラデラメモ《NEO》さんとこの、この記事。で、他人がやっているとなんでもやってみたくなるガキのような性格なので、自分もやってみるです。ただし今までここで書いた4つの機種しか買っていないので、当然非常に狭い範囲での選択になります。たぶん全然参考にはならんでしょう。

1位 Tungsten T

なんといっても、今の愛機のこれなのです。スライドギミックが、少年心をくすぐるのです。そのおかげでコンパクトなのがとてもいいのです。RAMが少ないとか、不満はあるのですが、それを補って余りある筐体の良さ、なのです。ちなみに、T5はスライドしないので、今ひとつ二の足を踏むのです。

しかし、もし自分がT3を買っていたりしたら、たぶん1位はT3になったろうと思うのです。それがなんとも。

2位 PEG-NX73V

メインでT|Tを使い、サブでこれを使っているのですが、どうしても純正日本語版、そしてワイド液晶が嬉しい場面があるのです。それにCFカードが使えるのが、なにかと便利。まぁワークメモリが足りないといってNetFrontが頻繁にエラーを吐くのだけは困りもので、そう考えるとNX80の方が良いのですが、なんと言っても硯のような黒い筐体は何者にも代え難いのです。あ、マサさんもNX73を推していますね。価格も含めたバランス、ということですね。なるほど。

しかし、もし自分がTH55を買っていたりしたら、たぶん2位はTH55になったろうと思うのです。それがなんとも。

3位 WorkPad c3 50J

中古で衝動買いしたこれ。あまり使ってはいないのですが、そのもっさりした感じも含めてめんこいです。思わず衝動買いした理由は、やはり筐体のデザインと、黒いところ。ひょっとして、他人が持っているPalmをみて、最初に「かっこいいなぁ」と思ったのが、この黒いWorkPadだったかも。

ということで、やはりワタシの場合、機能もさることながら、持ち歩くものとして自分で納得し満足できるだけの筐体の魅力が、なんといっても最大の判断基準である、ということが、なんとなくわかってきました。

ちなみに番外はTreo600。ろくに手に取ったこともないし、基本的にキーボード付きは趣味でないはずなのですが、ここでさるぞうさんが盛んにあおってくれたり、りぶりぶさんが褒めちぎってたりするとねぇ。「気になる機種」としてはNo.1でしょう。あ、650がそろそろなのか。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/375

コメント

人のblogのコメント欄でスミマセンが私の場合

1位 Treo600
携帯電話・カメラ・mp3・palmOS
手のひらに必要なものが全て入った1台
2位 treo270
これがなければTreo600はありません。
OS3.5ですがジョグ付、秀逸なキーボード・軽さが◎
3位 Visor Deluxe
私の最初のpalmです。
スプリングボードで手のひらに必要なものを提供してくれます。
デジカメ/mp3/CFメモリー/モデムを持っています。
今ウチのスタッフに貸していてまだ現役です。
*うーん全部Handspringですね(^^ゞ
*10台あるとランク付けも迷います
*Treo650は1位になれるでしょうか?
*そしてTungsten T5はランクインするか?

さるぞうさん、どうもです。
なるほど見事にHandspringですね。
ああ650とは言わないのでTreo600いじってみたい。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)