« カッパの飼い方3発売 | メイン | 偉大なりTVアンテナ »

2004年8月20日

盆地の灯

最近広告をネタに取り込むという新境地を開拓されたパームボンチ。いやもうなんというか、すばらしいです。ブライダルはワタシも見ましたが、たつやさんが見たという弁当は未見。ゆうべでしたか、一時公共広告になっちまったのも目撃しました。そして油断するとすぐ自転車に戻る。自転車は定位置のようです。つくづくちんさん自転車に祟られて好かれているらしいです。

で、ネタはこいつだけかと思ったらもうひとつ隠し球がありましたよ。どうやらアマゾンで「盆地」をランダムに検索したらしい本がならんでおります。お見事。おもわず何度もリロードしてしまったじゃないですか。

なんか最高におかしかったのが以下の二冊の組み合わせです。

 盆地の灯―句集 福田甲子雄

 丘陵地の地盤環境 日本応用地質学会関西支部, 関西地質調査業協会

かたや俳句。こなた地質学。この組み合わせはなかなか意図して出せるものではありません。しかも後者はなぜか盆地でなくて丘陵地。で、凸と凹になっちゃった。絶妙です。河川工学、土木工学、地質学なんかは最近のワタシのキーワードですし(そうなのか?)。

テノール野村も目が離せませんし、あたらしい犬たちもいい感じでございました。トラックボールの洗濯は久々に大笑いさせていただきました。怒濤の更新はファンとしてとても嬉しいのですが、そういえば腱鞘炎は大丈夫なのでしょうか。ご自愛ください。応援しています。

後半メールみたいになってしまった…

【追記】
あ、弁当でた弁当でた。記念に出前ポータルサイト出前館に行ってみたです。我が家の住所に出前してくれる所って寿司屋が1軒登録されてるだけでした。寂し。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/356

コメント

取り上げてくださってありがとうございます。

まさにネタの成る木のようなぐーぐる様は素晴らしいです。ただいまでしたら2大アンテナ経由でおいでになると、弁当祭りが目撃できる確率高いようです。(高確率アドレスを上に書きました)

アマゾンはズバリ「盆地」という本が欲しくてたまりません。

ついでに腱鞘炎はこんなカンジで痛いばっかりです(反省の色は割愛いたしました)。

ちんさん、どうもです。盆地本アワードなどどうでしょう。あるいはランダムに出てきた本でじゃんけんとか。次にぐーぐるがどうでるかも楽しみです。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)