« 高いな… | メイン | 物欲大爆発 »

2004年6月19日

ネギだっておしゃれしたい

というようなコピーがあったな昔。糸井重里は評価しなかったけれど一世を風靡したコピー技法で、大元は「おしりだって洗って欲しい」でしたよね。(まったく口から出任せで書いているので信じてはいけません)

ええと、今日買ってきたネギですがこれです。

おしゃれねぎ

クリックすると拡大しますので是非とも大きくしてご覧下さい。

「おしゃれねぎ」です。「ぎ」の濁点がハートマークになっていて、ギャルっぽいイメージを漂わせていますが(漂いますか?)、なぜか「すてきなママよ」という冠が付いてしまいました。不思議なワカメのような縁取りのせいで、もうギャルは卒業どころかヤンママにすらみえません。

50代主婦。といったところでしょうか。これではいかん、と思ったのでしょう。上のほうでそんなイメージをうち消そうと躍起になっておりますよ。わたし、いつでも旬です!!

これ書類上とかの商品名はどうなるんでしょうか。「わたしいつでも旬です!!すてきなママよおしゃれねぎ」ってうるさいよおまえ。ま、そんなこたぁないでしょうけど、じつは裏面にもなんだかいろいろ書いてあります。もう紹介するのも面倒です。

ともかく過剰なメッセージ。こういうの、なんていうんですかね、陥りやすい罠なんですよね。あれもこれも付け足したくなるんですよ。そこをばっさりシンプルに決めるのが渋いのです。それが野菜界のプリンス/プリンセスになれるか否かの分かれ目です。インカのめざめ(そういうジャガイモがあるんだよ)が泣きます。

ちなみにこいつを出荷したJAとぴあ浜松のページをみると

管内では「グリーンスティック」「ねぎっこ」「おねぎちゃん」そして「おしゃれねぎ」のブランドで全国各地で販売され人気を得ています。

…おねぎちゃん…

「好き好きぴちぴち」とか「ラブリー&プリティー」とか余計な冠が付いていないことを祈ります。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/282

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)