« そろそろ50000 | メイン | ありがとう50000ヒット »

2004年6月12日

秋葉原で機種変更

とうとう「Cellphone」カテゴリを追加しましたよ。それもこれもF900iTへの物欲が高まったためと申せましょう。

少し前のことになるのですが、先週の土日は東京へ。東京ドームでのみうらじゅんのイベントですが、二日間まるまる東京ドームという訳でもなく、お約束の秋葉原にも行ってきたのです。今回の目的は、ラジオ関係の小物あさり、それとiBook入手を前にしてMac関係の周辺機器の情報収集、そして妻の携帯の機種変更でした。

ワタシも妻も携帯は同じN504iを使っていましてね。で、ワタシがF900iTに惹かれてわーわー言っていたら、実は妻もそろそろ機種変更がしたいと。ワタシよりもヘビーに使う妻の場合、そろそろバッテリがへたりかけてきていたのもあり、また最近の機種で気になるものもあるというのです。

それはP252iS。なんといってもちっこさが魅力のやつです。機能より何より、毎日持って歩くモノはデザインが気に入ることが一番だというのは、正しい選択でしょう。

家電量販店でも力を入れていますし、新潟でも安いところは探せないでもない。携帯を買うのにいまどき秋葉原が必ずしも有利ではないのは百も承知です。が、まぁ今回はワタシの上記のような目的もあわせて妻と一緒に回ってみたという訳です。

なるほどこんなような価格設定なのね。だいたい同じようなところですね、と思ってみていくと、ひときわ安い所発見。それはなんと若松通商ではありませんか。いやすごい。パーツやらあやしげな周辺機器やらに混じって密かに携帯も売っていたのですね。しかも安い。他の店の機種変更の平均的な値段からさらに5000円ほど下の価格が設定されています。でモックは1Fに並んでるんですが、4Fで扱っているというのでさっそく上へ。ここで携帯を買うのは実に不似合い。いかにもPCショップの店員という風情のにーさんが、「色はええと…ぷるぷる杏仁しゅわしゅわラムネと…」って言うのが笑えましたよ。

穴場だ。若松。この機種だけかもしれませんけどね。これわF900iTが発売されたときも、行ってみる価値があるかもしれんです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/272

コメント

私も次は「ぷるぷる杏仁」にしようと思っています。
もう、見た目だけです。 iBookとおそろいにするのです。
DoCoMoももう少しデザインに力入れて欲しいですね、auにのりかえちゃうぞ?!

音っとっとさん、どうもです。
たしかにDoCoMoは各メーカとも無難で面白みのないデザインが多いですよねぇ。
それが一方で安心感に繋がっているのかとも思いますが、それではねぇ。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)