« iBook G4 | メイン | OSXとMovableTypeとFireFoxと »

2004年6月 9日

iBook G4 雑感

昨日以来猿のようにいじっております、iBook G4。

昨晩の記事では既存の無線LAN環境への接続にてこずったという話をしました。どうやってもえらい不安定でしかも弱々しかったのですね。結局あきらめて有線でつないでアップデートとかしていたのですが。しかし今日になって、それは実はAirMac Extremeカードのアンテナ端子が十分に奥までささっていなかったためだと判明。

それから「PalmユーザならHotSyncさせてみずばなるまい」と思い、マサトレをありがたく参考にさせてもらって設定したのですが、最初の「一旦英語版のPalmDesktopをインストールし、必要なファイルをコピーしておいてアンインストール」という段で、「はて、マックではどうやってアンインストールをするのやら…」としばしたち止まってしまったり。そんな間抜けなじたばたを楽しんでおりますよ。

それにしてもあれですね。ヒラギノフォント美しすぎ。これはすごいなぁ。確かにフォントが美しいとテキストの生産性にも影響するような気が…はっ、これは仕事の環境までMacにせよということか…

ええとそれはそれとして。なにか世の中ではiBookを盗まれた人とか、iBookが壊れた人とか、初代G3が壊れた人とか、一斉にアップルタイマーが発動しているかのような恐ろしい状況が。なんかすごいタイミングで手に入れたなぁと慨嘆しきりであります。それらのお亡くなりになったMacたちの亡霊を引き受けた感じもしないではありません(いやそれは考えすぎですな)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/266

コメント

えと、英語版のPalmDesktopをそのまま日本語化するという方法もありますヨン。パッケージを開くと言う、Macユーザー的にはちと高度な技ですが、やってしまえば簡単です。日本語版とのミックスよりも手っ取り早いかと。
あ、やりかたは次号のパーマガにも書いてあります(それでは遅いか・笑)。
#マサトレさがしたら出てくるかな?

iChatで話しかけて頂ければ、やり方を詳細にTTします。アカウントは、メールいただければ教えますー。

ここ。
http://www.ne.jp/asahi/masa/training/oitoku/PD_e/index.html

ちょっと抜けてる部分があって補足(入れとけよ)。
「環境設定...」の「Addresses」タブで、
「Auto-Capitalization」のチェックを外しておいてください。
でないと、アドレス編集時に文字化けするので。

ワンワンさん、マサさん、どうもです。

ワタシの場合初代T|Tなので、日本語版とのミックスで結局乗り切れました。
これでT|Tを介してMacとWinでPIMの同期も取れることに。すばらしい。感謝でございます。
あ、マサさんサイトも直していますね。

あーiChatですか。いまのところAOLも.macもアカウントを持っていないので。
というかそこまでいくとどんどんはまりそうで二の足を踏んでいたりして。
でも時間の問題のような気も(爆)

えと、ちょっとだけ補足。
環境設定で「Auto-completion」のほうもチェック外してください。
ほとんどの文字化けは「Auto-capitalization」(先頭文字を大文字化
する機能)で回避できますが、こっちも外さないとダメな場合あり。
あと、アドレスのよみがな欄は空欄がベターっす。

ひとまず、ミックスで乗り切れてよかったです。

あぁ、そういえばこれの検証環境も盗難にあったiBook G4に構築
してあったんだった。ふみー。

むむぅ,PalmDesktopforMacの日本語化に関しては,現在,世界で1,2位の実力者(どっちが一位かは伏せますが)からコメントがついて,とらじろうさんは幸せだなぁ。

いや本当に。
サイト管理者冥利に尽きます。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)