« 背中を押されるタイミング | メイン | 今度の土日は »

2004年6月 4日

フォントを変えてみる

陣来霧さんの「ぼそっ。」で下記のようなつぶやきが

Castaway。さんとこで Arisaka フォントが紹介されていたので、インストールして Opera 上で設定してみたところ、Mac OS X っぽいウィンドウ表現に!

ほうほう、と思ってさっそく試してみました。ワタシの場合FireFoxで。

ARISAKA FONT

このスクリーンショットではわかりにくいかもしれませんが、なかなか視認性が高いと感動。なるほどこれはOsakaフォントをWinでもというプロジェクトの派生物だそうで、Macぽくなるのもさもありなん。自宅のメイン環境は古い17インチCRTディスプレイなので、ClearTypeの恩恵をうけないはずなのだけれど、それでもそこそこ美しいです。Mac OS X のヒラギノほどではないのでしょうけれど。

ということで当サイトでもCSSをいじって、ARISAKAフォントを入れているWinの人はこれで表示されるようにしてみました。

そもそも最近年なんでしょうか、眼がつらいす。フォント入れ替えたくなるのもそのせいかと。最近CRTの解像度を下げた人もおられましたが、気持ちがよくわかります。ワタシもいろんなサイトをみていて、つい「Ctrl++」を押すことが増えてきました。そう考えてみると当サイトも文字を小さめに設定してあるなぁ…。ううむっ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/263

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)