« ひとはなぜドンキに惹かれるか | メイン | 深夜の中波帯AM局 »

2004年5月23日

いまさらのNetsky

ご無沙汰しました。

ええ東京出張でして。週刊上京タイムズ(なんだよそれわ)ですね。きっちり金曜には秋葉原へ行って、小物部品なぞをあれこれと買ってきました。で、PDA系サイト運営者にあるまじきモバイル通信環境の貧弱さを誇るワタシですので(誇ってどうするよ)、更新はおろか巡回もメールチェックすらもまったく滞っておりました。

で、帰ってくるとせねばならないのがメールチェックです。なんせ3日も放っておくとSPAMがわんさか溜まっておりますからね。どーっと削除していきます。ところで最近、というか今月頭くらいから、職場のアドレスにNetskyがらみの返送メールが良く来るようになりました。「あなたの送ったメールにウィルスがついてましたぜ」ってやつですが、これだけアドレス詐称が普通になったんですから、あれ少し文面を改めてくれませんかねぇ。ま、それはそれとして、4月頭くらいの猛威を振るっている頃は全然やってこなくて、ああ友達が少ないのだなぁと侘び寂びを感じていたワタシですが、ここにきて今更のようにコンスタントにやって来ますよ。

どっかの感染しているマシンのアドレス帳とかにワタシの職場のアドレスが入っているのでしょう。そう思って元メールの宛先をみてみると、なんかやたらと医療機関が多い。おおっするってぇとこれはあれか。感染しているのは医療関係者のマシンかっ。ワタシの職場のアドレスを登録してる医療関係者って誰だ。そうは多くないから特定できるかも…。ふむふむ中部地方の病院のアドレスなんかが多い気がするぞ。

うーん、いまひとつ特定に至りませんでした。人間の感染も大切ですがマシンの感染にも早く気付いてくださいな>どこかの先生(ま、医者と決まったわけでもないんですが)。いやしかしこんな所で書いてもわからないだろうなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/247

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)