« 天網恢々疎にして漏らさず | メイン | 秋葉原リベンジ »

2004年5月15日

IC-PCR100をいじる

さっきまでxreaで障害が出ていて、なおったかな…。これがきちんとアップできるか不安ですが…。

本日というか5/14(金)の帰宅後、IC-PCR100を手にしました。それからずっーと猿のようにいぢっております。最初はUSBシリアル変換コネクタでつなぐつもりだったんですが、こいつがCOM15に割り当てられていて、さすがにコントロールソフト側がそんなポート番号には対応しておらず。こいつの割り当て変更はどうするのかな、と思って、でも考えてみたらマシンのコネクタ自体は空いているのだし、うしろにまわる手間さえ惜しまなければすなおにつなげばよいのでした。しかしここで問題が発生。COM1がなぜか死んでいて、BIOSで殺していたCOM2ポートを開けて…とかじたばたしているうちになぜかオンボードのイーサネットが不調に。運良く手元にあったPCIのLANカードを差すという余計な手間まで発生。なんとか認識してくれて、放送が聞こえたときは感動しました。しかしちょっとまずいかもこのマザーボード…

でもまぁそれはおいといて今はラジオ。いやぁ楽しいです。PCR100に付属しているのは簡易アンテナという名のビニール線なんですが、これだけでローカルの放送局はVHF/UHFのTV音声を含めて完璧。短波もアジア各地の日本語放送などは問題なく聞こえました。ま、無線の醍醐味はアンテナに始まりアンテナに終わると言われていますので(言われてるのか?)、アンテナに凝ればもっと楽しいのでしょう。ちなみに上位機種のIC-PCR1000にはロッドアンテナが付属しているようです。

でWindows用だけですが、いろいろなコントロールソフトを試してみましたので以下ご参考までに。

1.添付の純正ソフト

これはもともとWindows98までにしか対応していません。でWindowsXPの互換モードでどうだろうと思いましたが、結果としてはダメでした。ソフト自体は立ち上がりますが、COMポートの先のIC-PCR100を認識しないようです。

2.IC-PCR1000用の最新ソフト

PCR1000用の純正ソフトはWindowsXPにも対応しまして、iCOM社のこのページからダウンロードできます。ダメもとで試してみたんですが実はこれがPCR100でも使えます。これはうれしい誤算ですね。もちろんCWやSSBなどPCR100にはない機能のボタンもありますので、不用意に押して妙なコマンドを送ってしまって本体を壊してしまっても文句は言えませんよ。

3.PCRC Ver1.0

PCRC1.0

独仙さん作のフリーウェア。ベクターのこちらからどうぞ。周波数を直打ちして選局。基本機能だけのシンプルなものですが、放送を聴くだけならば十分と言えましょう。他のフリーウェアと組み合わせてタイマー録音もできるらしいですが、まだそちらは試していません。

4.TalkPCR Ver2.4

TalkPCR2.4

Pete Mahyさん作のフリーウェア。こちらからダウンロード。ページにはWindows2000までみたいに書いてありますがXPでも問題ありませんでした。これ、最強かもしれません。純正ソフトにない利点としてはまず、マウスのホイールで選局できる。これ、やってみるとわかりますがラジオ感抜群です。たまらないです。あとこのソフトだけで録音ができて録音ファイルの管理も。これはすごい。さらにPCR100にもちゃんと対応していて、自動認識してくれます。ちゃんとPCR1000にしかない機能のボタンは押せなくなるので安心。プリセットした局名などに日本語が通らないのが唯一の残念な点ですが、これさえあればPCR100を買うのになんの心配も要らないといえましょう。

なお純正以外のコントロールソフトを使うとEEPROMってのを壊す可能性ありという物騒な情報もありますので、ROMデータのバックアップも自己責任で。これについても彼のページに詳しい記述がありますよ。

ということでまだまったく使いこなせてはいないのですが、本当に楽しい。子供の頃夢にまで見た周波数直読がこの手の中に!それだけでもう嬉しくてたまりません。良い買い物をしたと思っています。ただ、アマチュア無線や各種業務無線を聴きたいという場合はどうかわかりません。そちらの方はあまり試せていないので。

ともあれしばらくラジオ猿になりそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/244

コメント

お晩でございます、物欲の返り討ちにあっている秋津島です‥

IC-PCR100 、やっぱり面白そうですね?
私‥‥昨日、秋葉原の富士無線に行ってきたんですが、結局
買わなかったんです。
IC-PCR100/1000 は目立つ所にあったんですが店内を見て
たら、ハンディのもいいなぁ‥なんておもっちゃいまして、
迷った揚げ句、今回は保留にしたんですが‥‥
とらじろうさんのページを見たら、また憂いを残す事に
なりそうです。やっぱ、どっちかでも買っときゃよかったかも。

結局、TU-870用の改造パーツと「情熱の真空管アンプ」だけ
買って帰ってきちゃいました(^-^;ゞ

秋津島の徳さん、いつもどうもです。
富士無線さんには実はワタシも土曜に上京した折に寄りました。
ハンディタイプのワイドバンドレシーバも確かに魅力的ですよね。
これは本当にいろいろなタイプがありますので迷いますよね。
盗聴まがいの使われ方がされたりしてちょっとダークなイメージもあるワイドバンドレシーバですが、
一台あるといろいろ楽しめますしね。
じっくり迷っちゃってくださいな。では。

EEPROMが壊れるとおもうってPCR-100をTalkPCR Ver2.4でBACKUPしてみたら、CheckSumが32F3ですが、だいじょぶなんでしょうか?最近AMの調子が悪いです。@@;:。ちなみにJAPNです。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)