« 買った! | メイン | Zire72の波紋 »

2004年5月 6日

四半世紀ぶりの電子工作

GWももう終わりですね。先日書いたように5/4は車で東京日帰りなどをして、いい加減疲労していたわけですが、GW最終日の5/5には、やっと月曜に買ったFMラジオのキットを作りました。

このところいろいろと言ってきましたが、きちんと考えてみると高2のころから以降は電子工作をしていないように思うので、まさに四半世紀ぶりということになります。さて大丈夫でしょうか。

ハンダゴテ台
最近はいいハンダゴテ台があるんですねぇ。5/4の東京行きの最中に実家近くの島忠中野店で思い立って購入。

作成途中
ICとそのまわりのコンデンサ群を半分くらい付けたところ。いやぁ四半世紀ぶりとはいえ、へったくそなハンダ付けですなぁ。

完成
完成したところ。じっくりと約2時間かけました。左奥の丸いのは失敗したときのために買っておいたハンダ吸い取り線ですが、出番がなくて目出度い限りでした。

ドキドキしながら電源を入れます。おおっノイズが聞こえる。いちおう低周波部分は大丈夫のようです。バリコンをまわします。ノイズの中かすかに放送が聞こえます。こんなもんか…と思ったら実は作業中手元を照らしていた蛍光灯スタンドをつけっぱなしだったというオチ。

蛍光灯を消すと。おおっなかなかいいではないですか。はっきり言って、もっとしょぼしょぼなものを予想していたので、感度も音もなかなか良い感じです。ボリュームを一杯に上げるととんでもなく歪みますが、手元において聴く分には十分実用になるではありませんか。

このキット、局発・周波数変換から中間周波増幅、検波までをLA1800というICがおこない、低周波増幅をTA7368PというICがおこなっています。スーパーヘテロダインですが、調整はポリバリコンのトリマだけで、えらく簡単です。

LA1800はあれですね、一時話題になった100円FMラジオでも使われていたやつだそうな。いろんなサイトをみてみると、この100円ラジオは同調がクリティカルでなかなかきびしいらしいですが、それはバリコンがショボショボだかららしく、このキットの2連ポリバリコンは一応しっかりしているのでそんなこともなく、なかなか快適です。

ということで大成功かつ大満足。久しぶりにハンダゴテを握って思ったことは…

思っていたよりヤニの匂いがしなかった。たしかに懐かしくて、ああこれこれ、と思ったけれども、ハンダ付けのあとの基盤に鼻を近づけたりもした。これは自分の思い出の中の匂いが増幅されているのか、はたまたヤニが進歩(?)したのか…。

○久しぶりのハンダ付けは、タイミングより何より、ハンダを流し込む量の感覚がつかめず最初苦労した。これは多分今回用意したのが0.8mm径のもので、昔使っていたのはもっとずっと太かったというのに起因しているのだろう。

○ICの足のハンダ付けは細かい作業。近眼の眼鏡をしたままでは焦点が合わず裸眼で。これ、老眼になったらきついよね…。しみじみ。

ああひとつ作ったら次々と作りたくなりますね。困ったぞヒマもないのに。

ちなみに5/4の東京行きというのはですね、実家の引っ越しに先立ち、押入の奥からワタシの荷物が出てきたから捨てるものと引き取るものを分別せよと言うことで、行ってきたのでした。引き取るにしても運搬手段が要るので車で、というわけです。

そしたらあなた、すっかり忘れていた71年頃の『子供の科学』やらの記事の切り抜きなんかがあるじゃないですか。いやぁまったくベストタイミング。その他にもまぁいろいろタイムカプセル的なモノがいろいろ。今度気が向いたらご紹介でもしましょう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/232

コメント

お晩でございます、秋津島です。

FM ラジオキット完成、おめでとうございます。
ああ‥‥ラジオも作りたくなって来た‥‥
(見ると欲しくなる、おこちゃまな奴です秋津島は‥‥)
しかし、やはりそこは私もPalm ユーザー! zire 72 には揺さぶれる物が‥‥真空管アンプと天秤状態です。(^-^;ゞ
しかし‥今日、車の税金が‥‥月末には友達の結婚式が‥‥
秋津島の天秤はものすごい事になってます。
私もそうですが、いっぺんには無理ですよねぇ‥ここは、マイペースでじっくり行くのが良いかと‥‥それでは、またっ!

秋津島の徳さん、どうもです。
お恥ずかしいようなモノですが、四半世紀ぶりのリハビリにはちょうど良い感じでした。
ワタシは現役の少年時代(妙な言い方…)から自作の興味はラジオに一点集中していて、アンプすら滅多に作っていないのですよね。で、今の夢も管球アンプではなく、5球スーパーラジオの方に向かっているという…。
アンプは、というか子供心にもオーディオマニアの底知れぬ泥沼を感じ取っていた部分があり、引いていたようです。徳さんはその泥沼にどっぷりおつかりのご様子。ご愁傷様です(笑)。
真空管捜索隊の記事も楽しく読みました。ああ、6BM8なんて、数日前に書いた処分の前は実家にゴロゴロ転がっていたはずなのになぁ…。
5球スーパーは、キットを2種類くらい見つけましたがいずれも4万くらい。ちょっと衝動買いにはきつい金額で、今も揺れています。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)