« 連休 | メイン | とらじろうごときがえらそうにネット上の日本語を論じる »

2004年4月27日

FMを聴いていたあのころ

聴きました今回のエアオンチ。すごい。感動しました。なんかここのところの当サイトのノスタルジック月間と微妙に重なって泣けました。琴線に触れまくりました。

「ラジオが教えてくれた曲」 と題した今回の放送は、「サウンド・ストリート」「ジェット・ストリーム」「クロスオーバー・イレブン」という往年のみっつの番組の雰囲気を紹介するというもの。ええ、ワタシもみんな聴いていました。しゃべるちんさんにいちいち「そうそう」「そうだった」と相づちを打ち、ジェット・ストリームやクロスオーバー・イレブンの定型トークはいっしょにしゃべっている始末。妻に不気味がられましたが。

しかし不思議なものですね。自分ではエアチェックしたテープがあるわけでもないのに、それらの定型トークはおぼろげながら覚えているもんですね。JALパックの宣伝は笑いました。たぶんワタシがやってもニュージーランド7日間になるなぁ、と思うのが謎ですね。あと大爆笑したのは「0時のNHKニュース」。素晴らしい。あと城達也の「ジェットストリーム」の連呼は、最初かかっていた深いエコーが、最後の一回だけなくなるんですよね。そんな芸の細かさが、たいへんに嬉しく感じたひとときでした。やるからにはここまでやらねば、というちんさんの無意味なふんばりがひしひしと伝わってきました。素晴らしい。 ま。とりあえずこんだけ持ち上げておけば、大体いいあんばいであります(クズ)。←いちど使ってみたかったらしい。

高校から大学くらいのころは、それはそれは毎日FMラジオを聴いていましたねぇ。というよりかけっぱなしだったという感じでしょう。NHK-FMとFM東京(当時)しかなかった頃ですね。そういえばこんなサイトを検索でみつけましたが、ああそうか、坂本龍一のサウンドストリートは1981年に始まったんですねぇ。思い出しましたよ。浪人していた年ですな。受験勉強しながら聴いてたんですねぇ。番組内で教授が作製してのちにテーマ曲になった「フォト・ムジーク」、これ耳コピして、友人とヤマハのポータトーンとカセットデッキで多重録音するというしょぼしょぼな遊びで悦に入っていたこともあったなぁ…。

今でも車の中などでFMラジオは良く聴きます。でもたしかにちんさんのいうとおり、AMとの違いを明瞭に意識した徹底的に音楽中心の番組構成って、少なくなっているような気もしますね。J-Waveなんて開局当初は、本当にトークのなさがしびれるほどかっこよかったものですが。

でもこうしてみると、エアボンチの話題にふれたりするときにいつも言い訳のように洋楽に疎い疎いって言っているワタシですが、実際には実に膨大な洋楽を聴いていたんだなぁ、ということを改めてちょっとしたおどろきの感覚とともに再認識。ただいつも聞き流していて、心に引っかかってレコードやCDを買いに走らなかったというのが、世の洋楽ファンとの分かれ目だったんでしょうね。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/223

トラックバック

» ラヂオ。 from とりあえず。
こしぱ Weblog: FMを聴いていたあのころああそうか、坂本龍一のサウンドストリートは1981年に始まったんですねぇ。思い出しましたよ。浪人していた年ですな。受験勉強しながら聴いてたんですねぇ。番組内で教授が作製してのちにテーマ曲になった「フォト・ムジーク」、これ. [Read More]

コメント

こんばんわ小野愛です。初見で50を用意するのは私にとっても難しいのです。
さて、ありがとうございました。うれしうございました。
恥ずかしくて自分で聞いてないので、今から聞くことにします。にてねーとか言われたりしておりますが、モノマネじゃないんです(言い張る)。

あ、どうもです。
顔は伏せさせて頂きましたが、私は身体には自信があります。これが証拠になると思いますが。どうでしょうか。
いや、似ている似ていないよりも、ディテールにこだわって模倣するヲタクごころが大事と申せましょう。
なにげなくぼんちくんも更新されてるようで手を広げすぎるのもまた芸のうちですね。愛していますので死なないでください。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)