« ありがとう30000ヒット | メイン | 春爛漫 »

2004年4月10日

スタイルシートいぢり

ちょっと前にどこやらかのサイトで見かけて気になっていた話がありました。それはMacOSXのSafariにおけるフォント問題。ボールドが表示できないとかそういうやつですね。

ワタシはとんとマックにうといもんですから、ふーんと思っていたんですが、マックでここを見てくれる人も結構多いですしね。放って置くわけにはいかない。ところどころボールドのやたら多いサイトですし

だいたいですね、MTに日本語パッチをあてた段階でのデフォルトのスタイルシートでは、フォントファミリー設定はこんな感じになっているのです。

font-family: "Osaka", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "MS P ゴシック", sans-serif;

そしてワタシは「このヒラギノって何? だいたいMacはOsaka、WinはMS Pゴシックでいいんじゃねぇの」って思い、すっきりさせようとしてわざわざご丁寧にも「ヒラギノ角ゴ…」を全部削ってましたよ。そもそもヒラノギって頭ん中では読んでました。ね、マックにうといでしょ。

で、これではダメなんだそうですね。じゃあ「ヒラギノ角ゴ…」を元に戻せばいいかっていうと、それでもダメ。Safariは日本語のフォント名を読めないとかいろいろで…。結局下記のようなのが正しい解決法なんだそうです。

font-family: "Hiragino Kaku Gothic Pro", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Osaka", "MS P ゴシック", sans-serif;

この辺はLife with Palm Pilotさんとこの3月半ばあたりの記事に詳しいです。ていうか、最初にこれを読んだのだったかも。とにかくここに詳しく説明されているおかげで納得しました。感謝です。

というわけでSafariなみなさま、ライオンは見えますか? じゃなくてボールドはちゃんと見えてますか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/211

トラックバック

» スタイルシートとヒラギノ from AOHIGENIKKI
デザインの改修もほとんど終わったといってもよいかな。今回の旅では、だいぶスタイルシートのお勉強になったみたい。専用のアプリを使わなくても、ソースでいぢれるようにもなったところがひとつ学んだ気分。今まで、面倒な雰囲気(←変換できた!)で、なるたけ避けてき... [Read More]

コメント

なるほどー。
いままで「この細い文字に見える部分はなんじゃろ?」と
思っていたところは、実はボールドだったんですね。
ちゃんとSafariで見えてます。

OS Xはヒラギノが魅力の一つなんですよ。
美しいフォントですよん。
ワタシは原稿をヒラギノ丸ゴで書いてます。
#と、明日使う事もできない無駄知識(笑)。

emとかbだとボールドにならないみたいなので、strongを使ってます。

さっそくありがとうございます。

>わんこ

あ、やっぱり細くなってたんですね。
Osakaだけ指定するとそうなるんだそうで。
ヒラギノは、それはそれは美しいフォントだそうですね。
ええ、今回検索したりしてはじめて知りました。
で、ますますいっちょうマックを手元においてみたくなりましたよ。

>eyeさん

なるほど。そういう手もありましたか。
しかしこのSafariのバグというか不具合は以前から有名らしいですね。
これもはじめて知りました。Win環境だけの個人サイト作製者は知らない人も多いでしょうね。
ちょっと厄介ですね。

僕は、フォント指定をまったくしない、という
非常に後ろ向きな方法で対処しています(笑)。

あ、マサさん、たしかにそうですね。
逆転の発想というか、迂闊にもそこに思い至りませんでした。
こういうブラウザの状況で、なまじフォントなんか指定する方がおかしいという気がしてきましたよ。

コチラでお世話になってたんです。
トラックバックさせていただいていたのですが、
サイト名が英字になっていたので、
気づかれなかったのかもしれませんね。
その節は、ホント助かりました。
謎を解いていただき、スッキリさせていただきました。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

青髭さんどうもです。なるほどそうでしたね。
トラックバック受けていたのにうかつでした。
当サイト結構検索で上の方に来るので、
期待はずれのことも多いかもしれませんが、
時折調べもののお役に立てることもあったりすると、
素直にうれしいです。ま、他力本願の情報ばかりですが。
今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)