« 会うことからはじめよう | メイン | RSSで「ぱむあん。」を »

2004年3月12日

QUEENがはやっておるのだね

ついさっきまでみうらじゅんのDVDを見て、涙を流して笑いこけていた私ですが、DVDといえばわが家にある唯一の音楽DVDがなぜかこれです。

We Will Rock You / (Spec Dts)
QUEEN We Will Rock You

今でも洋楽にとんと疎い私ですが、時代時代にピンポイントにはまるモノがありまして、中学時代はBeatles、高校時代はQUEENでした。高校の時の悪友が、洋楽に疎い私をロックの道に引き入れようとあれこれ聞かせてくれまして、そのなかでピンと琴線に触れたのがQUEENだった。最初は『オペラ座の夜』でした。「ボヘミアン・ラプソディ」とか「予言者の歌」のシンフォニックな展開にしびれた。ええ私がクラシック野郎だっただけに、悪友もちゃんと選んで聞かせたと思われます。そしてなんといってもフレディ・マーキュリーの歌声。ピュアでせつないあの歌声に惚れたのでした。

その後まぁひとなみに聞いてきましたかね。フレディが死んだときはジョン・レノンが死んだときと同じく大きなショックを受けました(あ、やっぱりBeatlesとQUEENだ)。たしかクイーンのコピーバンドによる追悼ライブにも行ったな、かの悪友と。

夭折は神を生みます。それはただ永遠に衰えない偶像としてだけでなく、「死」というものが持つある種の禁じられた甘美さにも由来するのでしょうか。Too much love will kill you と歌うフレディの声は、その病を知った今では切なすぎて、いつ聞いても涙が流れます。ともあれフレディは私にとっての「神」となりました

そういえば上のDVDには思い出があります。たしか発売前に予約したんでした。輸入盤です。しかし発売が遅れに遅れてなかなか入手できませんでした。というのも当初の発売予定日は2001年9月中旬。その直前にあの9.11があったからです。さらに忌まわしい「死」の影がまとわりついてしまいました。

さて、いま巷ではQUEENがまたはやっておるのですね。某ドラマの影響ですが、すごいですねアイドルの力というモノは。良いものが繰り返し流行るのは良いことです。良いことなんですがおじさんは少し寂しいんですね。それはたぶん、自分の中でフレディが神聖なモノになりすぎているからなんでしょう。

なんで唐突にこんなことを書いたかというと、今回のPalm Day Osakaで楽しみにしていたこういうのが見れなくなりそうで残念、ということで思いついたりして。

今や名実ともに、パーム界のスーパースターとなったちんさんが、2002年12月7日の『X'mas PUGO 2002』カラオケ大会で見せたウルトラパフォーマンス

これは全然冒涜とか思わないんですよね。はっ、自分にとってはちんさんも「神」の範疇なのかも。(でも死んぢゃいやだよ)


あれ、冒頭のみうらじゅんはどこへ行ったんだろう…

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/189

コメント

私も中学の頃Queen聞いていましたよ。(^^)

JazzのLPの中に入っていた写真が忘れられないです。(笑)
私的にはムスタファかな。

今でも車の中でたまに聞きますよ。(^^)

洋ハードロックとかばっか聞いてるくせに、Queenだけは何故か聞いてなくてですね。
いつかCD買ってやろうとずっと思ってたんですけど、今買うと某ドラマの影響と思われそうでかなり嫌です。

いや、みなさまどうもです。

>tachibana3さん
ムスターファはおちゃらけでコピーしたことが…
JAZZはいいアルバムですね。
あの写真は高校生には刺激的でしたけれどね(笑)。
文中で述べたコピーバンドのライブでも、
自転車に乗った乳出しねーちゃんが登場して仰天した記憶が。

>太鉄さん
QUEENはソフィスティケートされすぎというイメージがあって
ある種のハードロックファンに嫌われていたような気がします。
しかしそうですね、今買うのは癪だという気持ちはよくわかります。
私もおなじような理由で今出ているベスト版は買えないでいます(笑)

はい、その高校時代の悪友です(笑)。この3月のページから、まだ書き込みできるのかな? ええ、確かに『オペラ座の夜』は、ちゃんと選んで聞かせたんだったと思います。…いや、私がやってるQUEENのコピーバンド「喰飲(くいいん)」のサイトを作って、サービス元のプロバイダから登録したので、「QUEEN」「コピーバンド」で検索してみたところ、自分のサイトより先にこのサイトがヒットしたので、ちょっと寄らせてもらったというわけでした。今晩はひとまずこれにて。ではでは。

うわっ、これはこれは。妙なところから見つかるモノですねぇ。
というわけでご内密に(だれにだ)。
土曜日は会えるよね。ということで。

「内密に」は、ホントにだれにだろう?…謎(笑)。ええと、土曜日はもちろん会えますが、終わると同時に、翌日のライブに向け最後の練習です。ですが、それは18-21時に三茶なので、とらじろうさんが“こっち”に泊まるなら、〓の庄とかには21時30分くらいに戻れるので、戻ります。その辺は当日ということで、ではでは。

どうもです。
15日は品川に宿泊予定なので、2次会・3次会と続いても対応できる筈です。
サイト見ました。おお翌日がライブなのですな。
では当日。

MEWです。土曜日ですが、12-14時にTISで音出しが出来、私はそこから参加してますので、よければどうぞということで。

それと今メールが届いて、5.15-17の予定で韓国からユキエが来日します。
5.15(土)16:00 東京タワー蝋人形館 佐藤行衛+Mandog
5.16(日)出演予定14:00 葉山芸術祭森山神社境内 雑木林コンサート 工房絵タカタカ(percussion unit)+八木橋司+佐藤行衛+ヒゴヒロシ http://www.hayama-artfes.com/
5.17(月)20:00 高円寺無力無善寺 八木橋司+佐藤行衛他 http://crazy-pla.hp.infoseek.co.jp/index.html

5.15は当然行けないが、場所も近いので、良かったら終わったあと電話ちょうだいと言っておいた。
5.16は私はリハなので行けませんが、よかったら(ちょっと遠いけど)。
5.17には私は行きますが、もう帰っちゃってるよね。

ここは良く読まれているようなので、連絡に使ってしまいました(笑)、すみません。ではでは。

あはは、完全に私信に使われている(笑)。いちおう公共の場ですから(笑)。
でもまぁここは結構検索にひっかかるので、各バンドの宣伝にもなるかもしれませんな。
あっユキエ! 残念ながら16日は昼前の新幹線で戻らねばなりませぬ。
いつぞやCKB(クレイジー・ケン・バンド)のCDのライナー見ていたら、韓国語歌詞の訳を彼がしていて、おおっと思ったのを思い出したのだった。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)