« 行くぞ大阪! | メイン | 会うことからはじめよう »

2004年3月10日

PalmでRSS

PalmInfocenterにこんな記事がありました。

Are you a news junkie or looking to a mobile way to keep up with news from all over the web? Many sites use rss as a way to share headlines and content. PIC takes a look at some options for using rss with your mobile device.

紹介されているのはPalm単独で使えるRSSリーダーとしてHAND/RSSというアプリ、そして母艦で巡回・整形してPalmにHotSyncで送り込むタイプとしてJPluck Xというアプリです。

さて、これを読んでちょっと検索してみたところ昨年の10月でしょうか、pocketgamesにてこんな記事がありました。

Palm単独で使えるRSS News Readerが登場。インストールしてみましたが、rss-jp.netにある日本語のサイトをいくつか登録、あ?あ、やっぱ日本語は駄目みたいですねぇ。

ふむ、これがまさにHAND/RSSのこと。あー残念ですねぇ。

じゃあ母艦で巡回するタイプでなにか、と思ったらありましたよ。橋本祥一さんのKPiloV1です。さっそくDownloadして試してみました。

これはPiloWebのようにサイトを巡回してDocファイルを生成してくれるWindows上のアプリですが、ここでのキモはRSS配信に対応してそれをMeDocタイプのファイルに整形してくれることです

KPiloV1設定画面

このように設定画面で赤丸をつけたところにチェックを入れればOK。あ、もちろんURLにはrdfファイルを指定します。たとえば当サイトのようなMovable Typeで作製されているサイトでは、右下などに「Syndicate this site」というところがあってリンクが貼られている筈。で、こんなMeDoc形式ファイルができます。

Index画面

Docの内容

PiloWebProでも設定をいじれば可能なのかも知れませんが、このKPiloV1は一発設定で便利ですね。さすがPiloWebを強く意識してプラスアルファを追い求めている(?)だけのことはあります。

ただし母艦でRSSを巡回することにどれだけの意義があるのか、ということは微妙かも知れませんね。htmlからの切り出しに比べてどれだけのアドバンテージがあるか。ニュースサイトなどは意外といいかも知れません。個人のBlogなどはどうでしょう。あまりRSS配信の形式などに気を使っていないだろうし(私もそうです)。

その点Palm単体でのRSSリーダーはアドバンテージがわかりやすいですね。移動中の制限された通信環境で、さっと情報が得られるのはとても魅力的。ということで日本語がきちんと使える、そんなRSSリーダーは出ないものでしょうかね(私の探し方が悪いだけでもうあったりして…)

ちなみにRSSってなに?という方には、下記ページがわかりやすいです。

The Web KANZAKI: RSS--サイト情報の要約と公開

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/186

トラックバック

» RSS on Palm from Simple-life
Quoted from こしぱ Weblog: PalmでRSS 紹介されているのはPalm単独で使えるRSSリーダーとしてHAND/RSSというアプリ、そして母艦で巡回・整形してPalmにHotSyncで送り込むタイプとしてJPluck Xというアプリです。 Palmで利用できるRSSリーダーがないのかなあと 思ってい... [Read More]

» PalmのRSSリーダー from KOTAのダイエット日記?
Palmで使えるRSSリーダーが無いものかと、ぐぐってみたところいくつかありました。 でも、どれも日本語が化けるとのこと。 どうやらUTF-8ではなくてSJISなら表示できるようなので、こんなページを作ってみました。 とりあえず、日本語で表示できるようになったので、よし. [Read More]

コメント

はしもと@アマガサキと申します。ご紹介賜りまして恐縮です。

常時接続で常時ONのPC、つまり自宅でサーバ運転している方限定という、
かなーり異質でアレな方法ですが、隠し機能でこんなのもついてます。
http://kamicup.at.infoseek.co.jp/kpilov1/manual/kpilov3.html
出先からXiinoなんかのブラウザを使って、自宅で起動中のKPiloV3 Server
を経由して、普段巡回しているRSSをMeDOCに変換ダウンロードするという
方法です。コンジットの処理をCGIとして流用しているとでも言いましょうか。

まぁお遊び機能です。;-)

はしもとさん、どうもです。
作者さん本人からコメントをいただくと、何か勘違いした紹介をしていなかったとドキドキします。
サーバー機能はすごいですね。確かに恩恵をうけられる方は限られてるでしょうが、面白い機能ですね。
PiloWebが簡単手軽であるとすれば、KPiloV1は高機能・カスタマイズ自在という方向性かな、と感じました。
(勘違いでしたらごめんなさい>双方に)
これからもがんばってください!

そうですねぇ。一般受けするかどうかは気にせず自分の好きなように弄ってます。

元々PiloWebがサポートが打ち切りとなった時に、要望はあるけど持って行く先がなくなってしまったのと、予告されてたPro版が何時出るのか不明だったので、どうせなら好き放題弄れるものを作ってしまえというノリでしたので。ベースは似せているつもりでも、方向はアサッテ向いてるかもしれません。:)

# 特にPro版が公開されてからは、お客を奪うのは悪い気もするのでワザと違う方向性へ持たせようという意識もありますしね。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)