« 嬉しい悲鳴 | メイン | 行くぞ大阪! »

2004年3月 8日

Permalinkの表示方法

えーとひとつ前の記事でおおげさな宣言をした割にはちょこっとだけですが、MTをいじくってみました。

Movable Typeの標準仕様では、たとえばメイン画面の記事の最後に「投稿者」以下の情報が並びます。ここで投稿時刻にリンクが貼ってありまして、これがPermalinkでした。すなわち個々の記事が固有に持つURLへのリンクですね。しかしこれはわかりにくい、と常々思っていました。そもそもPermalinkの概念自体がわかりにくいだけでなく、こんな時刻をクリックしたら個々の記事に飛ぶなんて、普通わかりませんよね。

で、多くの人がここを変えていますね。そのままPermalinkとしているものもありますし、こいつの訳語がいろいろなので「固定リンク」としたり(たしかココログは標準でこうでしたっけ?)、「固有URL」としたり「この記事へのリンク」としたり。少し悩むところですが、ここでは「この記事のURL」と表現してみました。時刻はリンクを貼らずにその前に。変更を加えるテンプレートはMain Indexと、Category Archive、Date-Based Archive の三つです。

少しはわかりやすくなったでしょうか。ま、リンクを貼ろうという時くらいしか必要ではないのかも知れませんが。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/183

コメント

まぁ、そこまでがんばるなら、「この記事へのリンクはこのURLで:」などと書いてURLをhtmlエスケープした上で出力させるといいかも。
MTEntryPermalink要素にencode_html属性に1をセットして、
<$MTEntryPermalink encode_html="1"$>
みたいな感じかな?(試してませんけど。)

michieruさんどうもいつもお世話になっています。
ええと、お恥ずかしながらhtmlタグをエスケープさせることでどういうメリットがあるのか、いまひとつ具体的にイメージできないのです…
よろしければご教示ください(どの辺を勉強せよというのでもいいです)。

htmlとしてそのままでは表示できないような
文字が含まれている可能性があるなら、
encode_htmlを設定すると安心できるかな、
という程度の意味で、
まぁPermalinkにそんなやヴぁい文字が
含まれていることは基本的にないと思うので、
やってもやらなくても効果は変わらないかも知れず。

なるほどよくわかりました。ありがとうございます。

現状ではIndividual Entry Archiveとして生成されたhtmlへのリンクを単純に指し示しているだけなので、
気にする必要もないようですが、いろいろいじるときには気をつけておくといいかもしれませんね。

というかencode/decode指定などの存在をはじめて知りました。ざっと平田さんの『Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門』の付録を読み返してみたところです。
これは細かくいじるときにはおもしろいかもしれませんね。

ということでご教示感謝です!

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)