« なんとなく季節が変わるね… | メイン | Blog Peopleのリンクリスト張り替え »

2004年3月 4日

3倍の優しさ

個人的にどうも鬱々としています。で、3/3はちょっとした気晴らしを試みました(何をしたかはヒ・ミ・ツって気色悪いなわれながら)。日付も変わり1時前に帰宅して、クリクラの掲示板復活を知り、まずはとても嬉しくて、あといろいろ感じて、ちょっと涙がでました。

こうしたことで掲示板が閉鎖していく事例って、本当に多いですよね。個人が道楽で管理しているんだから管理人が好きにすればいい、という意見もあるのでしょうが、こういう場は容易に「公共的な」性質を帯びてしまって、よほど無神経か、あるいは意志の強い管理人でなければ、なかなかケツをまくってハイさようならとはいきにくいんですよね。だから悩むんです。シチュエイションはまったく異なりますが私もそんな思いで悩んだことがあり、SPAさんの痛みが伝わってくるようで、ちょっと涙ぐみました(考え違いだったらすみません)。

Palm近辺の多くの人がそうでしょうけれど、こういうことがあるといつも思うのが、機長さんがいつも言う「普段の3倍のやさしさをもって」という言葉です。お互い顔が見えないネット上のつきあいだからこそ、普段より相手を気遣う心構えで発言しようよ、ということですね。本当にその通りです。これ以上も以下もないと思います。でも、そうやってやさしくした当の本人が往々にして傷つくんですよね…

どうすればいいのでしょう。「だから無神経になるのが勝ち」というのはおそらく誤った解決法でしょう。私もちょっと考えます。答えが出るかどうかわかりませんが、こうしたblogもコメントやトラックバックでコミュニケートするツールである以上、他人事ではありませんから。

とりあえずこの悩み(やさしくした人が傷つく)とどうかかわるかは別として、みちえるさんのこうした試みには興味を持っています。

【追記】

上のみちえるさんの試みについてこれだけの紹介ではあまりに簡単なので追記します。これはPalm/CLIE関係の掲示板などでの「質問の仕方」をまとめる試み。「教えて君ウゼーとかなに訊きたいのかわからないって言われたって、初心者なんだから仕方ないでしょ!!」というようなことが少しでも少なくなるように、こういうのがもっと充実して広まればいいなと思います。

あるいは「何これ、こんなに面倒なの?」と違和感を覚える人がいるかも知れません。でもその違和感も含めてちょっとでも心に留まれば意味はあるのだと思います。そういう意味でもこの試みが多くの人の目にとまるようになって欲しいというみちえるさんの思いには同感です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/175

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)