« USBフラッシュメモリーが熱いのかも | メイン | スパム対策いろいろ »

2004年1月 8日

Xiinoを試す

昨年末にリリースされた、Xiino3.0英語版を試してみました。MobirusのページからEnglish → Products とたどると、30日間の評価版がダウンロードできます。で、現状ネット接続メインのNX73Vに入れてみました。

xiino.jpg

嬉しいこと


  • とにかくこれまでOS5に対応していなかったXiinoがOS5対応に
  • ワイド画面もOK
  • 英語版だがEncodingをJapanese(Auto)にすると日本語表示も問題なし
  • NetFrontで「メモリ不足」のアラートが頻発していた画像の多いページも、きちんと表示できる

残念なこと

  • 標準フォント以下にならない(SelectFont入れててもダメ)
  • 日本語の数値文字参照ができないらしい(上図参照)
  • 外部cssファイルをよまないらしい(これも上図参照。当サイトが味気なくなってます)
  • ScriptをUseに設定してもJavaScriptを解釈しないらしい

とまぁ一長一短あるんですが、何はともあれワークメモリ不足のためNetFrontでのWeb閲覧でイライラを強いられるNX73Vユーザには、ひとつの有力な選択肢ではないでしょうかね。

あとちょっと怪我の功名もありました。このXiinoわりとクソ正直で、当サイトのタグ記述のちょっとした誤り(余計なスペースが入ってた)にも過敏に反応してくれまして。IEもNNもOperaもNetFrontも、みんな都合良く解釈してくれるので気付かなかったんですが、こいつで自サイト見てみて気付いたという。ううむっ融通が利かぬ者もそれゆえ役立つことがあるのだなぁ。

えーと英語版Palmの日本語環境での使い勝手は…まだ試してません。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/85

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)