« これもクリスマスプレゼント | メイン | Ni:PUGオフ会レポート »

2003年12月26日

新潟列車事情

妙なタイトルをつけましたが、要は「定番パームウェアいまさらレビューシリーズ」です(そんなシリーズあったのか)。

今日ご紹介するのは今関さんのDA Train Time。さいきんバージョンアップもしたみたいですね。定番の時刻表アプリ。ふだん公共交通機関で移動する人には手放せない一品。ただ車社会の田舎に住んでいるとそれほどでもありませんが、なかなかどうして田舎者でも列車には乗ります。しかも大事なことは、ふだんあまり乗らないから、時刻表が頭に入っていないということ。そんなこんなで私にも欠かせません。

TrainTimeその1
夜中にキャプチャしたので、「発車まであと何分」の画面がお見せできず残念。朝の時間帯なのにこの本数の少なさにも注目。

TrainTimeその2
新潟にも青山はある。人間至る処青山あり。洋服の青山もいたるところにあり。

もう定番中の定番なので、私があーだーこーだ言うよりも、Muchyさんとこをご覧下さい(レビューはどうしたよレビューは)。

実は今日紹介したいのはもうひとつありまして。このDA Train Time、すばらしいアプリですが、時刻表データがなくてはただのでくのぼーです。でもってこの時刻表データ、Next Train形式互換で、自作もできるんですが、これやってみるとわかりますけどとても面倒。TrainConv3を使うとWEB上のデータを拾ってきて簡単に自動作成できるんですが、対応しているのは「首都圏電車時刻表」という田舎者泣かせ。

ところが実は新潟の皆さんに朗報が。じつは新潟・群馬・栃木などの時刻表情報を、これまたこまめにアップデートしながら公開してくださっている方がおられます。

そのひとこそ誰あろうMoonlightさん! テストデータ for NextTrainというページで、これらのデータを惜しげもなく公開しておられます。はじめてここを見つけたときは、感激で震えました。以来ありがたく利用させてもらっています。感謝。

おお「越後とPalmのページ」らしくなってきた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/78

トラックバック

» なんなんでしょう このタイムラグ from Moonlightのひとりごと@ココログ
ここ数日、サボって1ヶ月分溜まっていたinfoseek iswebのアクセスログの流し読みをしてました。 読んで何をするか…。「どっから飛んできたのか(要は[HTTP_REFERER]) の確認」が主です。 (もちろん、「どこの企業・学校から来てるのか」「時間帯」「参照ページ」「UA」等... [Read More]

コメント

とらじろうさん、オフ会幹事ご苦労さまでした。
TrainConv3ですがv4.9.5になっています。
http://www.bzwind.com/users/ntak/tconv4.html

叉、”えきから時刻表”のプラグインを使うと、自分で好きな路線のデータをつくる事が出来ます。実を言うと先日のオフ会の時に上記のやり方で、時刻表を作って利用しました。
ちなみに、win用でしたので、mac上でVirtual PCを動かして、作成したデータをmacでシンクしました。←めんどくさー

ご存知でしたらすいません。

todo3さんそのせつはどうもです。

あ、バージョンが古かったですね。いやお恥ずかしいです。早速試してみましたが、どうも着時刻含めたデータまでは自動生成できないようですね。いや、もしかしたらやりようがあるのかも…。moonlightさんのデータはそこまで入っているので便利なんです。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)