« ザ・スライドショー 8 in HAWAII | メイン | 最近音楽といえば »

2003年11月29日

SD無線LANカードをめぐる混迷

今日の昼過ぎ頃、当サイトが1000ヒットを越えたようで、ありがたい限りです。相変わらずカッパピア効果が続いてますが。

それはさておき、先日「早く来い来い無線LAN」で、PalmInfocenterの記事を引用しました。で、その時は触れなかったのですが、この記事に対するコメント欄、なかなか興味深いですね。

「SanDiskはもはやPalmユーザの信用を失った」
「いや、SanDiskに罪はないでしょ。PalmOneが圧力をかけてるんだと思うな。T|Cが十分売れるまで、そして次のWi-FiとBluetooth搭載機が出るまで出させないんじゃないの。」
「それはないよ。分社後にそんなことしたら大問題でしょ。」
「もうあきらめたよ。OS5対応を待ってる間にOS6が出ちまう。」
「結局PocketPC市場の方が大切なのさ」
「もうPalmからPocketPCに移れというのか」
「圧力をかけてるのはMicrosoft」
「SonyのUXもあるんだからできないことないでしょうに」

こんな感じで陰謀論含めてみな好きなことを言ってますな。とにかくイライラしていることがよくわかります。で、興味深かったのはこんな投稿、大幅な意訳ですが…

先週COMDEXでPalmのスタッフとこの話を話した。実は知的財産権を所有している第3の会社があり、その許可がとても困難だ、とのことだった。この会社の名前は覚えていない(訳注:敢えて書かないのかもね)。SanDiskはこの点を楽観視していたので、結局非難を被ることになってしまった。他社は慎重になっている。

ふうむなるほどねぇ。これがやはりnon-technical reasonsというわけですかねえ。

関係するかどうかわからないですが、例えば「シイガイズ、SDIO対応のIEEE 802.11b無線LANカードなど展示」という10月段階でのBroadBand Watchの記事には次のような記述があります。

製品の対応OSは、Windows CE.netやPocket PC 2002/2003に対応済みのほか、Palm OS 4.0/5.0、Windows XP、Linuxへも順次対応するという。本体セキュリティ機能としては64/128bitのWEPをサポート。また、WPAの対応やWi-Fi認証も予定しているという

ところが現在、そのシイガイズ社の製品SD-Link11bの紹介ページを見ると…

SD-Link11bは現在プラットホームとしてWindows-CEとPockePc2002に対応しておりますが、今後のロードマップとしてWindows-XPに順次対応する予定です。それ以外にμITron、Vx-Works、等の組み込み型RTOSへの対応を今後計画して参ります。

順次という言葉が残ってしまっていることからも、ここにPalmOSが入っていたのを削除したような気配が漂います。

ううむなかなか不透明ですね。どうなるのでしょうか本当に。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/55

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)