« その者青き衣を纏いて | メイン | ココログ »

2003年11月23日

カッパピア訪問記

先日「さよならカッパピア」という記事を書きましたが、閉園まであと一週間。で、行って来ましたカッパピア。11/22(土)は強い冬型の気圧配置で、新潟県内は雨で大荒れの天気。しかし関越トンネルを抜けて群馬県内にはいると、そこは冬晴れの関東平野。


これが入り口。「42年の永い間ご愛顧ありがとうございました」の横断幕が泣けます。「さよならカッパピア」と書かれた看板の前で記念撮影をする家族連れもいました。


われわれにとって宝の山の土産物売り場を抜けるとキップ売り場と入り口。写真では見にくいですが、キップ売り場には「本日より入園無料」の貼り紙が! カッパピアの公式サイトで、ファイナルウィークスは入園料大人半額子供無料になるのは知ってましたが、大人も含めて持ってけ泥棒じゃない入ってけ泥棒状態というとんでもないことになってました。もちろんのりもの代はかかります。でもフリーパスもお得になってます。
入り口をはいると左手では毎年の事業報告書の表紙や、各年代のチケット・パンフレット、写真パネルなどのミニ展覧会が。ふむふむカッパピアという名前になったのは1973年からなのか。


でましたね定番のこの手のもの。ああキュートなカッパに心も乱れます。でもここに穴を開けるのはどうなのか。カッパに食べられてるような写真ができあがると思いますが。


園内を歩いていたらカッパ発見! 子供たちの人気者です。あ、なんか後ろの方で「くちばしが長くてやだー」とかぬかしてる子供もいる。たしかにキュートさではここのキャラクターのカッパに劣ります。こいつはなんかいろんなところでよく見るタイプのカッパですね。おそらくレンタルもの。


土産だけが目的のはずの私たちでしたが、こいつには惹かれてついつい乗ることに。山の中を走るジェットコースター。いやいや出発時に係のおばちゃんが手で押すわ、なんか途中ミシミシいうわ、これはいつ壊れても不思議でないのでは…という、本来あるまじきスリル満点で、じつに楽しめましたよ。


さて、これが本日の「戦果」。下の大きいのはじつは枕。上に乗っているもこもこしたやつは、先日の記事に登場したようにすでに2匹持ってるんだけど、なぜかまた買ってしまったのでした。


そしてこれも。消えモノなのでここでは現地で撮ったサンプルの写真を。

堪能しましたカッパピア。カッパピアは消えても、その姿はこのサイトと私の心に、いつまでも残り続けるでしょう。さよならカッパピア。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/47

コメント

突然連絡してしまい、申し訳ありません。私、高崎経済大学の地域政策学部というものに所属しているのものです。

私は今、博物館実習という授業を受けており、その一環でチームで模擬企画展を開くことになりました。そして話し合いの結果、地元にあった遊園地のカッパピアに焦点を当てた企画展を実施することを決定しました。
 しかしながらカッパピアに関する資料が少ないため、資料収集(主に写真)をインターネットで探しているうちに、こちらのブログを拝見させていただきました。そこで急なお願いで差し出がましいのですが、もしよろしければこちらの写真を私たちの企画展示に使わせていただくことは出来ませんでしょうか?こちらの写真があれば、私達の企画展示がいっそう華やかなものになると存じます。是非ともお願いいたします。
勝手ながらメールアドレスをつけさせていただきましたので、ご気軽にご連絡ください。

再度連絡してしまい、すみません。私、高崎経済大学の砂永美紗と申します。こちらのブログはコメントが表示されないとのことでしたので、怪しいものではないことを証明するためにも、名前を名乗らせていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

砂永さん、対応が遅れすみませんでした。丁寧な問い合わせ恐縮です。出典を表示してくだされば使用していただいて結構です。お役に立てたら幸いです。

こんにちは。先日連絡をさせていただいた高崎経済大学のものです。ご返信いただいたこと、またお写真を使わせていただけること、心より感謝申し上げます。
また出典の表示のついては、企画展の際こちらのブログから引用させていただいたことをきちんと明示させていただきたいと存じます。本当にありがとうございました。

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)