« ADSL 24M | メイン | 小さきものたちpart2 »

2003年11月13日

わが愛しの小さきものたちよ

Muchy's Palmware Reviewにて、匠さんがあらたにSelect Font1.0をリリースしたことを知り、早速ダウンロード、導入してみました。

いやぁ、なかなかいいですねこれは。これはすなわちTungsten/Zireが苦手なsmall/tinyフォント表示を実現するパッチですね。これまで今関さんのtsPatchがそれを実現していくひとつの手だてだったのですが、tsPatchが対応するアプリは限られていました。しかしこのSelect Font1.0を導入すると、今までtsPatch非対応だったアプリでも、small/tinyフォントが表示できるようになるのです!

たとえばtsPatchを導入しただけではsmall/tinyフォント表示ができなかった標準のメモ帳でも、この通り!

またデータベース閲覧ソフトPicoでは、「拡大表示」「縮小表示」の転換ができるものの、それはnormalとtinyが切り替わるという仕様になっており、tinyはちょっと小さすぎるうえに、「仕事で使うPalm」で触れたようにJ-OSのtinyでは表示しない文字があるのでした。しかしこのSelect Font1.0を導入すれば、「拡大表示」モードのままでnormal以外のフォントも使えるようになります。そしてsmallを選択すれば、びっくりするほどすっきりした表示に!

このほか、Papi-Mailなんかでもsmallフォントが使えて、実に嬉しいこと限りなし。すごい、すごいよ匠さん!

ただしCJKOSをONにするとダメなんですね。あくまでJ-OS+tsPatchという環境のもとでしか使えないということらしいです。あ、その他にもOS5のCLIE上ではtsPatchと関係なく使えるのだとか。そうかあとでNX73Vにも入れてみよう。

おや、いま気が付いたら右脳さんもたいそう感激しておられる様子。わかりますねぇ、その気持ち。こういったちょっとした使い勝手の向上につながる珠玉のようなPalmwareって、本当に感動します。そしてこういうものをフリーウェア・シェアウェアとして公開してくださる作家さんたちの存在にも、なんか感動するのです。「一筆啓上」運動なんかもあって、本当はいちいちメールを出すべきなんでしょうが、ものぐさで内気な(?)とらじろうは、せめてこの場でこれからもそういったPalmwareの話題を取り上げていくことで、感謝の気持ちを表明しようと、あらためて思った次第。

それにしても昨日の「PooKのverUP」でのルビの件といい、とことん小さい文字にこだわってますなぁ我ながら。やっぱりちっちゃいものずきなのかなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/36

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)