« すこしレイアウト変更 | メイン | CJKOSという選択 »

2003年11月 2日

POBoxをいまさら試す

10/31はNi:PUG(NIIGATA Palm Users Group)の「オフ会準備ミニオフ会」(年末頃大々的にやろうと考えているオフ会の相談をしようという名目で集まって単にダベル会。注釈が多いな…)でして、りぶりぶさん神崎さんと、私とらじろうの3人で会ったわけです。

いろいろ話に花が咲き、いつものようにおおいに刺激を受けたのですが、その中で今回一番とらじろうの心をつかんだのは何を隠そうこれでした。予測変換システムのPOBox。りぶりぶさんのTungsten Wの入力もPOBoxで快適そうでしたし、神崎さんもソニエリの携帯で、POBoxいいよってな話。実は私、Tungsten T購入当初にPOBox試してみようとして、ああOS5には対応していないのね…とそのままになっていたのでした。ところがうかうかとしている間に、OS5に対応したPOBoxFepが出ているではないですか。

そこで今日は早速Tungste T にて試してみました。ちなみに陣来霧さんが運営しているPalm Tungsten+J-OS 総合掲示板でのみなさまの書き込みが大変役に立ちました。いつもながら大感謝です。

pobox.jpg

辞書はkimさんの「大富豪(?)辞書」を使わせていただきました。さすがにファイルが大きいです。そのせいかちょっと変換がもたつくような…でも便利ですねぇ。これ、慣れたら手放せなくなりそうです。しばらく使ってみるつもりです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://koshipa.net/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする

名前(ニックネーム可)とメールアドレスは必ず入力してください.
メールアドレスは管理者にのみ通知されます.

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)